« ある鉄路   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ   180330   太和田光一郎 »

2018年3月27日 (火)

路面電車紀行-朝陽の広島電鉄  深川俊一郎

冬から春への変化を確かに感じた日。
日の出前の散歩がアウター無しでも平気だった、さわやかな朝。

180151

180152_2

180153

180154
起き抜けの街


路地の向こうから春がやってきた。
人の歩みも、自転車の流れも、重厚な電車の音までも、少し軽やかに感じる。
八丁堀-女学院前 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

Vol.1092
 

« ある鉄路   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ   180330   太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。良い意味で、やはりポジの風合いってデジには出せない独特の世界観がありますね。その世界観に深川さんがいつもいつもシンクロ出来ているのは、一種の職人芸だなあといつも感心いたしております。

さとけん様
いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
イメージの具現化には裏切られることも多々ありますが、それも含めた面白さと割り切っています。実はデジタル軽くて便利そうで欲しいなと、いつも思っているのですが、重くて不便なハッセルも愛おしいのです。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車紀行-朝陽の広島電鉄  深川俊一郎:

« ある鉄路   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ   180330   太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30