« 遥かなる旅愁-キハ183雪の彼方へ  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** ラッセル LOVER 写筆帳 2018 vol.3 宗谷本線ラッセル車 「 青空と白い雪と 赤い機関車の詩 」 *** 梅村貴子 »

2018年3月18日 (日)

さよなら西武船橋店  180318  太和田光一郎

Pmd_9830kt_

Pmd_9930k_

昭和42年9月に華々しくオープンした西武船橋店が、先月、28日に惜しまれながら半世紀に及ぶ歴史に幕を閉じた…。

今回は最終日の屋上や、隣接するパーキングビルから観た、船橋駅前の鉄道情景をご覧頂きたいと思う

西武船橋店にはたくさんの思い出が詰まっている。とりわけ私にとって、8階は魅惑の売場だった。

Pmd_9961kt_憧れの一眼レフカメラや関水金属のNゲージのブルートレインなど、もう欲しいものがいっぱいで、いつまでいても飽きることがなかった…。

昭和48年10月頃、おもちゃ売り場の一角にレンジファインダーのメイカイSLという定価5,000円のカメラを発見した。当時、我家にはカメラが無かった。これならきっと買ってもらえると父親を拝み倒して、ついに手に入れることが出来た。

もう嬉しくて近くを走る京成や総武線を、モノクロームの20枚撮りフィルムの残りを気にしながら、夢中になって撮ったものだった…。

いま思えば私の鉄道写真人生は、この時から始まり今日に至るのである。

Img_5608k__5写真上から、昔は総武線がよく見えた屋上から千葉方を望む。ビルの谷間にNEXが見える。

となりにあるパーキングビルからの眺め。東武野田線船橋駅は、東武デパートの2階に位置する。手前は、JR総武緩行線。

海側を望むと京成本線が見える。ここからは見えないが、近くにはJR京葉線・武蔵野線、東葉高速鉄道に東京メトロ東西線、少し足を延ばせば、新京成線に北総開発鉄道が走っている。船橋は鉄道の街!

閉店間際の西武船橋店。(写真左上 撮影: 2月3日 )息子が記録で撮ってあった1枚を拝借 した。昭和53年に大規模な改装増築工事が行われたため、開店当時の面影はほとんどない。

現在、すでに周囲は塀で囲まれていて、跡地には複合施設の建設が予定されているそうだ。(撮影:2018.3.14 写真下)

                ここから始まった私の鉄道写真…。---ありがとう 西武船橋店---

Pmd_6248kt_

撮影:2018.2.28  Nikon Df    16-35mm F4    24-70mm F2.8   70-200mm F4   Canon SX600 HS    Vol.1089

« 遥かなる旅愁-キハ183雪の彼方へ  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** ラッセル LOVER 写筆帳 2018 vol.3 宗谷本線ラッセル車 「 青空と白い雪と 赤い機関車の詩 」 *** 梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら西武船橋店  180318  太和田光一郎:

« 遥かなる旅愁-キハ183雪の彼方へ  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** ラッセル LOVER 写筆帳 2018 vol.3 宗谷本線ラッセル車 「 青空と白い雪と 赤い機関車の詩 」 *** 梅村貴子 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30