« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

東海道新幹線ランドスケープ   180330   太和田光一郎

Pmd_2124k_

つい先日、関東地方に雪が降ったかと思ったら、各地であっという間に桜が満開になりました。以前は入学式の頃に満開でしたが、年々開花が早まっているようですね。

今回は、久方ぶりの東海道新幹線での出張の折、撮影した都心の桜です。

東海道新幹線 品川-新横浜間

撮影:2018.3.24  Nikon D5   24-70mm F2.8   Vol.1093

2018年3月27日 (火)

路面電車紀行-朝陽の広島電鉄  深川俊一郎

冬から春への変化を確かに感じた日。
日の出前の散歩がアウター無しでも平気だった、さわやかな朝。

180151

180152_2

180153

180154
起き抜けの街


路地の向こうから春がやってきた。
人の歩みも、自転車の流れも、重厚な電車の音までも、少し軽やかに感じる。
八丁堀-女学院前 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

Vol.1092
 

2018年3月24日 (土)

ある鉄路   服部一人

_kzf7548

先日アフリカのザンビアという国に行ってきた。
日本ではあまり馴染みのない国だけど、内陸国で銅の産出で有名な国だ。
田舎道を車で走っていたら、あまり使われてなさそうな鉄路に出会った。興味を持って線路の先までたどって行くと広大なトウモロコシ農場があって、その集積場のようなところまで延びる専用線だった。

青い空と夏雲、強い日差しの下で赤錆びた枕木や線路のコントラストが印象的だった。

_kzf7561
_kzf7546

_kzf7551

FUJI X100F XF23/2                                                         VOL.1091

2018年3月21日 (水)

LongDistance *** ラッセル LOVER 写筆帳 2018 vol.3 宗谷本線ラッセル車 「 青空と白い雪と 赤い機関車の詩 」 *** 梅村貴子

  3月に入っての宗谷訪問・・・

赤い機関車は青空のもと 夜遅くに降った白い雪を巻き上げて

もうあと少しのお仕事に勤しんでおりました

今年もお疲れさま

180321_001
抜海-勇知

180321_002
____

180321_003
勇知-兜沼

180321_004_2
安牛-雄信内    この定番ポイントで はじめて利尻富士を綺麗に見ることが出来ました

180321_005
歌内-天塩中川

___

180321_007

____

180321_006_2
天塩中川駅

180321_008_2
佐久-筬島

撮影場所が限られることから、以前に掲載したカットと似たようなものが出て来てしまい恐縮です

 

  -*-*-*-*-*-*-*-   OMAKE   -*-*-*-*-*-*-*-

180321_009

追いかけ撮影の前日に乗車した普通列車とラッセル車のすれ違い風景   雄信内駅にて

JR北海道 宗谷本線   
SONY α7R3・α7R2 / FE70-200mmF4G ・ FE24-105mmF4G ・ CANON EF17-40mm+SIGMA MC11
Thanks326氏

Vol.1090

2018年3月18日 (日)

さよなら西武船橋店  180318  太和田光一郎

Pmd_9830kt_

Pmd_9930k_

昭和42年9月に華々しくオープンした西武船橋店が、先月、28日に惜しまれながら半世紀に及ぶ歴史に幕を閉じた…。

今回は最終日の屋上や、隣接するパーキングビルから観た、船橋駅前の鉄道情景をご覧頂きたいと思う

西武船橋店にはたくさんの思い出が詰まっている。とりわけ私にとって、8階は魅惑の売場だった。

Pmd_9961kt_憧れの一眼レフカメラや関水金属のNゲージのブルートレインなど、もう欲しいものがいっぱいで、いつまでいても飽きることがなかった…。

昭和48年10月頃、おもちゃ売り場の一角にレンジファインダーのメイカイSLという定価5,000円のカメラを発見した。当時、我家にはカメラが無かった。これならきっと買ってもらえると父親を拝み倒して、ついに手に入れることが出来た。

もう嬉しくて近くを走る京成や総武線を、モノクロームの20枚撮りフィルムの残りを気にしながら、夢中になって撮ったものだった…。

いま思えば私の鉄道写真人生は、この時から始まり今日に至るのである。

Img_5608k__5写真上から、昔は総武線がよく見えた屋上から千葉方を望む。ビルの谷間にNEXが見える。

となりにあるパーキングビルからの眺め。東武野田線船橋駅は、東武デパートの2階に位置する。手前は、JR総武緩行線。

海側を望むと京成本線が見える。ここからは見えないが、近くにはJR京葉線・武蔵野線、東葉高速鉄道に東京メトロ東西線、少し足を延ばせば、新京成線に北総開発鉄道が走っている。船橋は鉄道の街!

閉店間際の西武船橋店。(写真左上 撮影: 2月3日 )息子が記録で撮ってあった1枚を拝借 した。昭和53年に大規模な改装増築工事が行われたため、開店当時の面影はほとんどない。

現在、すでに周囲は塀で囲まれていて、跡地には複合施設の建設が予定されているそうだ。(撮影:2018.3.14 写真下)

                ここから始まった私の鉄道写真…。---ありがとう 西武船橋店---

Pmd_6248kt_

撮影:2018.2.28  Nikon Df    16-35mm F4    24-70mm F2.8   70-200mm F4   Canon SX600 HS    Vol.1089

2018年3月15日 (木)

遥かなる旅愁-キハ183雪の彼方へ  深川俊一郎

北海道専用に設計され、昭和56年から北の大地を駆け抜けるキハ183。
直線的なスラントノーズは武骨で独特ですが、すっかり北海道の大地に馴染んでいます。
昨年3月4日のダイヤ改正で宗谷本線特急「サロベツ」から外れ、石北本線が最後の舞台となりましたが、この3月17日の改正で、遂に引退の時を迎えます。
後に残った500番台の正面貫通型も、往年のキハ82のスマートさをチョットだけ受け継ぎ、嫌いではないです。
昨年懐かしい急行「大雪」の名が特急として復活しましたが、しばらくは石北本線でその姿を見届けようと思います。

17017
雪雲抜けて


雪まみれの姿が何とも頼もしい。
厚い雪雲の下をかいくぐってきたのだろう。
石北本線 伊香牛-愛別 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

17012
氷結


冬の流れが何とも冷たい模様で描かれている。
列車が行けば雪しぶきがきめ細やかに舞い上がる。
石北本線 旧白滝-下白滝 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

17013
風雪の狭間


目もあけられぬほどの吹雪の合間に、険しい峠道が姿を現した。
その厳かな陰影に、どこまでも吸い込まれそうだ。
石北本線 上越-奥白滝 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

17018
北へ


短い特急列車が軽やかに去ってゆく。
最北端に着くころには、もう日が暮れていることだろう。
宗谷本線 和寒-東六線 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

17016
群青色の峠道


吹雪の塩狩峠は、時間の感覚を失い、気がつけば群青色に覆われていた。
長い峠道に、4灯の強力なライトが伸びてきた。
宗谷本線 蘭留-塩狩 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*
(区間は旧駅名・信号所を含めて表記しています)


Vol.1088

2018年3月12日 (月)

ニューヨーク交通博物館   服部一人

_khp4695

ここはニューヨーク市の都市交通博物館である。地下鉄を始め、かつての路面電車、バスなどを展示している。さほど大きくないが、とてもユニークなのは廃止になった地下鉄駅を利用した施設だということだ。

_khp4719

これが博物館入り口。まさに地下鉄。

_khp4649_2
中におりるとこんな感じ。

もとはコートストリート(Court Street )という駅だったところだが、戦後すぐに廃止になってずっと放置されていたらしい。そこを整備して1976年に開館したそうだ。入ってみると地下鉄のホームそのもの。いくつかの歴史的車両がそのままホームに停まっている。本物の駅のようであり、また映画のセットのようでもあり、不思議な感じだと思った。実際に映画やテレビのロケに使われることもあるそうだ。

_khp4677_2

_khp4707

_khp4681
ホームに停まっている歴史的車両の多くは中に入ることができる。広告も当時のままだ。つり革が本当に革でできている。

_khp4675

_khp4670

_khp4644

_khp4640
地下鉄がメインだが、他にも路面電車やバスの展示も少しある。

ニューヨーク交通博物館 アクセスとガイド

博物館はブルックリンにあり、最寄駅はボローホール(Borough Hall)駅。開館は10-16時、土日は11-17時、月曜日と祝日は休み。入場料は大人10ドル。ミュージアムショップもあり、地下鉄グッズなども売っている。

FUJI X-E1 XF17-55/2.8-4                                                               VOL.1087

2018年3月 9日 (金)

LongDistance ◇◇◇ AZUSA BLUE ◇◇◇  梅村貴子

180309_001
________

180309_005
_______

180309_004_5

JR東日本 中央本線  あずさ
SONY α7R3・α7R2 / FE70-200mmF4G ・ FE24-105mmF4G
Vol.1086
 

2018年3月 6日 (火)

久方ぶりの沖縄  180306  太和田光一郎

Pmd_8694kta_

Pmd_8678kta_

長い間、鉄道が無かった沖縄本島。Pmd_8578k__4すっかりご無沙汰してしまい、本当に久方ぶりの訪問になりました。 現在、唯一の鉄道である『ゆいレール』に乗車したのも、もちろん初めて。今回は北中城村で仕事があり、移動はレンタカーだったため那覇空港へ戻った後、帰りのヒコーキに乗り込むまでの間、首里まで一往復乗車して車窓からのランドスケープを楽しみました。

写真上から、運転台の脇から300mmで狙う(安里-牧志間)・近代的な街並み(おもろまち駅付近)・那覇空港を発車したゆいレールの車内は観光客でいっぱい。

古島駅を発車した那覇空港行き。2両編成の可愛らしいモノレールです。(写真下)

Pmd_8616kt_                                                                                             

Pmd_8203k_気温はグングン上がり、日中はシャツ1枚で満開のひまわりを撮影。(北中城村荻道のひまわり畑にて・写真右)

Pmd_8118k__6

観光客でにぎわう中城城跡。 (写真左)

ところで大正時代の沖縄本島には、軽便鉄道や路面電車が走っていたそうです。その後、長い年月を経て沖縄の地に鉄道が復活して、ゆいレールはいよいよ来年延伸され、首里-てだこ浦西間が開業の予定です。

 6時30分、定刻に羽田を離陸した那覇行きは、東京湾上空を大きく右に旋回して一路沖縄へ…。ギリギリのところで薄日が射し込んでくれて、海面がギラ光の房総半島を捉えることが出来ました。(写真下)

 撮影:2018.2.19-20  Nikon D5   16-35mm F4    60mm F2.8マクロ   300mm F4RF   Vol.1085

Pmd_7787kt__6


2018年3月 3日 (土)

遥かなる旅愁-北への想い②  深川俊一郎

東の果てまで来ると、空の深さと大地の厚みを一層感じます。
厳冬の中のささやかな一瞬に、冷えたからだが少し温まるのです。

18010

180102

180103
優雅に


そのつがいは静かに、そして優雅に羽を休めていた。
線路端の小さな広場は、昔からタンチョウの楽園だ。
釧網本線 茅沼 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1084

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31