« すばらしい軽便の世界  成田ゆめ牧場 まきば線   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの徳島  180530  太和田光一郎 »

2018年5月27日 (日)

路面電車紀行-陽春の函館市電  深川俊一郎

東京が初夏の装いになる頃、桜前線は海峡を渡り、そして長かった道のりに終止符が打たれます。
坂道を吹き抜ける風はまだ少し冷たいけれど、陽射しがおおらかに降り注ぎます。

18024
海風あたたか


遠くから歓声が聞こえてきた。
海風に揺れていた北国の桜。
函館市電 青柳町-谷地頭 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

18025
お出かけ日和


桜が咲けば皆の表情も嬉しそうだ。
はやる気持ちで電車道を渡ってゆく。
函館市電 青柳町-谷地頭 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

18024_2
坂道の一本桜


坂道にある洋館の佇まいが異国情緒を漂わせている。
小さな一本桜につい足を止める人がいた。
函館市電 十字街-末広町 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

18026
海風渡る


午後になると海風が一層強くなってきた。
軒先の小さな鯉のぼりも春を喜んでいるかのよう。
函館市電 十字街-末広町 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1112

« すばらしい軽便の世界  成田ゆめ牧場 まきば線   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの徳島  180530  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車紀行-陽春の函館市電  深川俊一郎:

« すばらしい軽便の世界  成田ゆめ牧場 まきば線   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの徳島  180530  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31