« カシオペア 夜の松川運転停車   服部一人 | トップページ | 40年来の相棒 SEIKO鉄道時計  太和田光一郎 »

2018年7月15日 (日)

梅雨の晴れ間‐小湊鉄道②  深川俊一郎

平年ならそろそろ梅雨明けが気になる頃。予定では梅雨明けに合わせるはずでしたが、想定外の真夏になってしまいました。
近くて懐かしい房総の小さな鉄道は、暑い夏が似合います。

180353
水無月の通学路


一日に2回だけ賑わう線路端の一本道。
黄緑色の空気が瑞々しく漂っている。
小湊鉄道 上総川間 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

18035
雨上がりの月曜日


水たまりが名残惜しそうに夏空を映している。
週初めの朝はまだ少し眠たげだ。
小湊鉄道 上総川間 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18036
蒼い木陰


紫陽花は日陰が似合う。
鮮やかだった初夏の日の光と影。
小湊鉄道 高滝-里見 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18036_2
夏の気配


二色の色彩が濃い緑に浮き立っている。
初夏の里山は郷愁に溢れている。
小湊鉄道 高滝-里見 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1129

« カシオペア 夜の松川運転停車   服部一人 | トップページ | 40年来の相棒 SEIKO鉄道時計  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間‐小湊鉄道②  深川俊一郎:

« カシオペア 夜の松川運転停車   服部一人 | トップページ | 40年来の相棒 SEIKO鉄道時計  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31