« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月30日 (木)

ザンビア ルサカ駅あたり   服部一人

Kazt4186

先日アフリカの内陸国ザンビアに行ってきた。日本ではあまり知名度がある国ではないけど、有名なビクトリアフォールズのある国といえば、多少はイメージしやすいだろうか。今回はそのビクトリアフォールズではなく、首都ルサカ駅。

さて、アフリカ諸国では南アフリカなど一部の国を除けば、鉄道網は未発達で交通の主役でもない。老朽化している設備も多く、列車本数も少ない。さらにザンビアの場合、公式には鉄道関連施設は撮影禁止だそうで、なかなか撮りづらい。

ザンビアでは鉄道関係以外にも、政府関連施設、工場、銀行など、撮ってはいけないものがたくさんある。旧社会主義国のようだ。撮られて困るものがあるようにも見えないが、ルールはルールだ。じっさい街中でこういうものの近くでカメラを構えていると、わりとすぐに警官やガードマンがやってくる。

僕などは世界中どこの国に行っても、そこに鉄道があれば、とりあえず駅に行ってみようという習性だが、ルサカ駅ではそういうわけでまったく写真が撮れない。駅からブラブラ歩いたあたりに線路をまたぐ陸橋がある。ここらあたりだと人も少なく駅を出た列車をサッと撮ってしまうぶんには大丈夫だ。この陸橋の下にはたくさんのストリートチルドレンが寄り添って暮らしている。

Kazt4202

Kazt4218


FUJI X-T2, FUJINON XF10-23/4, 50/2                                                    VOL.1144

2018年8月27日 (月)

LongDistance 〜〜〜 < 真夏の南阿蘇鉄道 > 〜〜〜  梅村貴子

九州訪問の記事を続けます
前回の久大線から今回は熊本「南阿蘇鉄道」です

180727_001          高森駅


180827_002
見晴台駅

180827_003                            阿蘇白川駅

180827_004_2

トロッコ列車は大賑わい

180827_005





180827_006


180827_007

180827_008_2

 

               ○○○○○○○

悲しいことに2年前の熊本地震の被害で、今も全線の約3分の2ほどにあたる中松ー立野間が不通です。

180827_009
___

180827_010


              ○○○○○○○

半日ほどの滞在でしたが、トロッコ列車内でのアナウンスなど、とっても楽しい暖かい路線でした。機会があればぜひまた訪れたいです。

一日も早い全線復旧をお祈り致します。

(画像中にある小さな黒いぽちぽち、CMOSのゴミではなくトンボです)

南阿蘇鉄道
Sony α7R3・α7lll / 70-200mmF4 ・ 24-105mmF4
vol.1143

2018年8月24日 (金)

東海道新幹線ランドスケープ   180824   太和田光一郎

Pmd_2059kt_

京の夏…。東寺も暑そうです。

Pmd_2126kt_

通るたびについ撮ってしまう近江鉄道。模型のような鄙びた線路ですが、この暑さにも負けていません。

Pmd_2136kt_

ビルのカーテンウォール材がこの暑さで少し歪んでしまったのでしょうか。映るのぞみ号が溶け出したよう。

① 東海道新幹線  京都駅付近

②         〃          京都-米原間

③         〃                 〃

撮影:2018.8.13     Nikon D5    70-200mm F4    300mm F4     Vol.1142

2018年8月21日 (火)

只見線がくれたもの-2018葉月  深川俊一郎

各地で異常な最高気温が騒がれる頃、只見でも記録を更新したとの知らせが届きました。
気温は高いけれど、少しだけ爽やかな風が吹いていた、平成最後の8月です。

18041
見上げれば夏


見上げると、ゾクゾクするような、鉄橋らしい鉄橋だ。
山峡の夏がそこにある。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18041_2
炎熱のみち


線路端で謳歌する大輪の花。
暑さで気がもうろうとなる炎熱のみち。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

18042
郷里の夕べ


暑かった陽が山の端に隠れると、少しだけ身体が楽になる。
旧盆の頃は、山里にも束の間の賑わいが訪れる。
只見線 入広瀬 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1141

2018年8月18日 (土)

南海汐見橋駅の風情   服部一人

_kzf8185
ガランとした感じの待合室

_kzf8195

ホームのすぐ脇には阪神高速が通る。

大阪の街の中にありながら、のんびりとした終着駅として有名な汐見橋。以前から興味を持っていたのだが、今回初めて訪れてみた。出かけたのが平日の昼間なのでご覧の通り閑散とした雰囲気。都会の中のローカル線といった感じである。

通常は30分間隔のダイヤ。2両編成の電車が岸里玉出との間を行ったり来たりしているだけ。乗車時間もわずかに10分程度。しかしその短い距離にもかかわらず、両端の駅を除いて4つも駅がある。よって電車は走り出すとすぐに減速して次の駅に停車するといったことを繰り返す。なんだか路面電車のようである。

_kzf8200

ベンチも木製で、さらにパチンコ屋の広告もいい味出してる。「紳士の憩い場‥」という文句が楽しい。

_kzf8204

_kzf8205
岸里玉出に到着したところ。またすぐに折り返して出発していく。

FUJI X-T2, X-100F  XF23/2  35/2         VOL.1140

2018年8月15日 (水)

LongDistance 〜〜〜 < 由布院のスマイル君 DE10のお仕事 > 〜〜〜  梅村貴子

東北や北海道で働くDE10スマイル君には何回か会えたけれど、たまには九州で働くスマイル君に会おうと思い立ち・・・。

180815_001

緑の中をトコトコと一人で走ってくる

180815_002

由布院駅でひと休み

180815_003

「ゆふいんの森」号を見送ったり

180815_004

シックな雰囲気に浸ったり

180815_005

___

180815_006

と、のんびりしているうちに

180815_007

「ななつ星」 !!! が由布院にやってきて

180815_008okkk_2

お客様を降ろした豪華車両を引っ張ってスマイル君は大分方面に帰ります

先ほどまでのどしゃぶりの雨は上がったけれど、由布岳の上部は雲の中・・・でした

 ○○○○○

JR九州 久大本線 湯布院駅  ・  由布院-南由布

Sonyα7R3 ・α7lll /  FE24-105mm F4 ・ FE70-200mm F4(クロップ有) ・ EF17-40mm+ MC-11
vol.1139   Thanks 326氏

2018年8月12日 (日)

久方ぶりの福岡・宮崎  太和田光一郎

久方ぶりの福岡と宮崎に仕事が入った。先日の迷走した台風12号が接近する中、逃げるようにして羽田を飛び立つ。前日には欠航の恐れありとメールが届いたので心配したが、定刻に離陸出来て幸いだった。

久しぶりの福岡は良く晴れていて、上空から南福岡電車区(現:南福岡車両区・南福岡運転区)が一望できた。(写真下)

Pmd_0182kt_

Pmd_0226kt_

Pmd_0107kt_南福岡区は今回の仕事場の途中にある。入口の格子から覗く(写真上)

今回もイベントの仕事だったので、例によって格安チケットを片手に羽田空港の一番端まで歩いていくと、またしてもお召列車ならぬ、お召飛行機(日本国政府専用機)が眼前に…。もうすぐお別れだと思うと、つい力が入る。(写真右) 前回記事 http://blog.rail-on.com/2017/03/170330-1c88.html

翌日には宮崎で仕事があったので、同僚は福岡→宮崎便で移動したが、私はさくら号で鹿児島中央、特急きりしま号で宮崎入り。恥ずかしながら、初めての九州新幹線での旅となった。

トンネル区間の多い九州新幹線。辛うじて八代海が望める新水俣-出水間の穏やかな眺め。後方に見えるのは長島だ。(写真下)

Pmd_0769kt_

Pmd_0822kt_

Pmd_0849kt_特急きりしま18号の車窓から。霧島神宮駅(写真上)

宮崎に到着。博多から約4時間の長旅も無事に終った。(写真左)

撮影:2018.7.28  Nikon D5  16-35mm F2.8   24-70mm F2.8   70-200mm F4   

オマケ : 36年前、初めて南福岡電車区へ訪れた時の懐かしいカット。1980年に廃車になった、交流用試験車クモヤ791-1の姿が見える。(写真下)

撮影:1982.11.21    Nikon F2  Ai50mm F1.4    KR      Vol.1138

19821121a__2

 

2018年8月 9日 (木)

暑かった夏-三岐鉄道北勢線  深川俊一郎

今回は三重県にあるもう一つの762㎜という狭軌、三岐鉄道北勢線です。
こちらは野山を走る本格的なローカル線で、乗り応え、撮り応えたっぷりです。
ツートンカラーのレトロな車両が、少し寂しげに真夏の郷愁を漂わせます。

18037
朝風とともに


一番列車から受ける朝風は、既に猛暑の予感がある。
車内 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18037_2
暑かった夏


暑すぎた夏に、のどかな浮雲はささやかな気休めだ。
穴太-東員 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18038
猛暑


熱気が溜まっていた線路端。
東員-大泉 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18039
白昼


めまいがしそうな白昼に、気が遠くなりそうな夏空が広がっている。
楚原-麻生田 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18039_2
気だるい午後


今日は終業式。少し狭い車内は膝がくっつきそうだ。
車内 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18039_3
陽炎の細道


細い細い線路が、暑さに揺れていた。
楚原-麻生田 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1137

2018年8月 6日 (月)

貨物列車と黄色い電車 三岐鉄道   服部一人

_kzt0798

_kzt0722

三岐鉄道は今や貴重となった貨物列車が走る私鉄として有名だ。電機が重連でセメント貨物を弾く姿はなかなか迫力がある。割と本数がたくさんあるのも撮影にはありがたい。ふらっと半日ほど訪ねただけなのだが、けっこう楽しめた。西武沿線に住んでいた者としては、元西武の電車が昔と同じような黄色い姿で走っているのも懐かしくていい。

_kzt0744

_kzf8515

_kzt0701

_kzt0881
有人駅で切符を買うと、きちんとした硬券が出てきた。ささやかながら嬉しい気持ち。

FUJI X-T2, X-100F  XF23/2  35/2  50/2        VOL.1136

2018年8月 3日 (金)

LongDistance --- 昼と夜の隙間 < NEW CROSSING LINE > ゆりかもめ ---  梅村貴子

180803_001_2

____________________

180803_002_2

 

______

180803_003_3

______

180803_004_3

______

180803_005_3

東京臨海新交通臨海線 ゆりかもめ   市場前駅 ・ 新豊洲駅 ・ 市場前-有明テニスの森
Sony α7lll ・ Canon EF17-40mm+SIGMA MC11
vol.1135

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31