« 暑かった夏-三岐鉄道北勢線  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 < 由布院のスマイル君 DE10のお仕事 > 〜〜〜  梅村貴子 »

2018年8月12日 (日)

久方ぶりの福岡・宮崎  太和田光一郎

久方ぶりの福岡と宮崎に仕事が入った。先日の迷走した台風12号が接近する中、逃げるようにして羽田を飛び立つ。前日には欠航の恐れありとメールが届いたので心配したが、定刻に離陸出来て幸いだった。

久しぶりの福岡は良く晴れていて、上空から南福岡電車区(現:南福岡車両区・南福岡運転区)が一望できた。(写真下)

Pmd_0182kt_

Pmd_0226kt_

Pmd_0107kt_南福岡区は今回の仕事場の途中にある。入口の格子から覗く(写真上)

今回もイベントの仕事だったので、例によって格安チケットを片手に羽田空港の一番端まで歩いていくと、またしてもお召列車ならぬ、お召飛行機(日本国政府専用機)が眼前に…。もうすぐお別れだと思うと、つい力が入る。(写真右) 前回記事 http://blog.rail-on.com/2017/03/170330-1c88.html

翌日には宮崎で仕事があったので、同僚は福岡→宮崎便で移動したが、私はさくら号で鹿児島中央、特急きりしま号で宮崎入り。恥ずかしながら、初めての九州新幹線での旅となった。

トンネル区間の多い九州新幹線。辛うじて八代海が望める新水俣-出水間の穏やかな眺め。後方に見えるのは長島だ。(写真下)

Pmd_0769kt_

Pmd_0822kt_

Pmd_0849kt_特急きりしま18号の車窓から。霧島神宮駅(写真上)

宮崎に到着。博多から約4時間の長旅も無事に終った。(写真左)

撮影:2018.7.28  Nikon D5  16-35mm F2.8   24-70mm F2.8   70-200mm F4   

オマケ : 36年前、初めて南福岡電車区へ訪れた時の懐かしいカット。1980年に廃車になった、交流用試験車クモヤ791-1の姿が見える。(写真下)

撮影:1982.11.21    Nikon F2  Ai50mm F1.4    KR      Vol.1138

19821121a__2

 

« 暑かった夏-三岐鉄道北勢線  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 < 由布院のスマイル君 DE10のお仕事 > 〜〜〜  梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久方ぶりの福岡・宮崎  太和田光一郎:

« 暑かった夏-三岐鉄道北勢線  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 < 由布院のスマイル君 DE10のお仕事 > 〜〜〜  梅村貴子 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31