« 駅のたたずまい 11 オランダ ハーグふたつの駅   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの沼津  180918  太和田光一郎 »

2018年9月15日 (土)

遥かなる旅愁-色あせた夏  深川俊一郎

朝晩の涼しさに身をさらすと、もう夏はとっくに終わっていたんだと、しみじみ思います。
これから北の大地は、ひと風ごとに彩色を変え、その様相を深めてゆくのです。

この度の胆振東部地震について、北海道が好きで応援する者として、大変痛ましい思いです。できることは限られていますが、これからもこの地を訪れ、写真を通して応援していく所存です。

17045
涼しい海風


朝の柔らかい陽射しが心地よく感じるようになった。
釧網本線 北浜 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

17045_2
都会へ


行くのか、それとも帰るのか・・・荷物より重いものがあるのかもしれない。
釧網本線 止別 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

17045_3
色あせた夏


夏花は色あせ、秋花が慎ましく咲く。自然の花畑に訪れた、静かな季節の折り返し点。
釧網本線 北浜-原生花園 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

17046
気まぐれな空


厚くて速い雲が、斜里岳に吸い込まれるように次から次へとやってくる。
釧網本線 南斜里-清里町 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

170462
夏のうしろ姿


激しい通り雨とともに、夏が不意に去っていった。
釧網本線 北浜-原生花園 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1149

« 駅のたたずまい 11 オランダ ハーグふたつの駅   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの沼津  180918  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる旅愁-色あせた夏  深川俊一郎:

« 駅のたたずまい 11 オランダ ハーグふたつの駅   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの沼津  180918  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31