« 駅のたたずまい 12 オルセー美術館 パリ   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  180930   太和田光一郎 »

2018年9月27日 (木)

秋の足音-小湊鉄道  深川俊一郎

猛暑の後に、続く長雨・・・容赦なく激しい季節の変わり目は、風流な秋の訪れとはかけ離れています。
歩けばまだ汗が背中に滲むような線路端の小道に、秋を知らせる曼珠沙華が静かに燃えていました。


18046
秋の足音


小さな線路へ続く細道に、どことなく秋の気配が漂っている。

小湊鉄道 上総大久保-養老渓谷 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

180462
線路端の曼珠沙華


お彼岸が近くなると、不意にあぜ道は赤く縁取られる。

小湊鉄道 上総大久保-養老渓谷 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

18046_2
優しい秋風


華奢なコスモスをやんわりと揺すぶる優しい秋風。

小湊鉄道 上総久保-高滝 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

Vol.1153

« 駅のたたずまい 12 オルセー美術館 パリ   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  180930   太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の足音-小湊鉄道  深川俊一郎:

« 駅のたたずまい 12 オルセー美術館 パリ   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  180930   太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31