« LongDistance 〜〜〜 < 釧網本線 砂まきDE10 スマイル君のお仕事 > 〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 原点・品川リバイバル  『品川駅東口』  太和田光一郎 »

2018年10月30日 (火)

トラムの走る町 34 コーストトラム ベルギー   服部一人

_kzf3781c
ここが沿線の白眉、北海沿いに走る Domein Raversijde(なんて発音するのかわかりません。)電停あたり。この鉄道は全線の大半が海岸沿いに走るといっても、じっさいに海と砂浜が見えるすぐ脇を走るのはここだけ。

Kazt4467

Kazt4447
車両は中央部が低床になった3連接車。

ベルギーはフランスとオランダに挟まれた小国だが、その沿岸部、フランス国境に近いデ•パンネ(De Panne)からオランダ国境に近いクノック(Knokke)まで海岸に沿って走るインターアーバン的な鉄道がコーストトラム(Coast tram,  オランダ語でKusttram, 日本語だと海岸電車といったところか) である。

総延長約68キロ、停留所の数は70。ベルギーの海岸線の長さが約65キロだそうなので、それよりも長い。単一の系統のトラムとしては世界一距離が長いそうである。通しで乗ると2時間以上かかる。メーターゲージで600V、開業は1885年と古い。沿線には北海沿いのリゾート地がいくつかあり、夏のバカンスシーズンなどは10分間隔で運転されている。じっさい全線を通じて乗降客はけっこう多い。

沿岸の町と町を結び、市内は路面電車、郊外は専用軌道を走る。車両が3連接のわりと近代的なものなので、僕としてはちょっと残念なのだけど、車庫の中には昔のビンテージトラムを何両も保存していて、おもに夏のバカンスシーズンに走らせている。次に行く時にはぜひ見たいものだ。

Kazt4636

Kazt4651

Kazt4484

_kzf3709
沿線で唯一古い駅舎が残っているのがデ•ハーン(De Haan)

_kzf3672

Kazt44982

Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, 50                               VOL.1164

« LongDistance 〜〜〜 < 釧網本線 砂まきDE10 スマイル君のお仕事 > 〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 原点・品川リバイバル  『品川駅東口』  太和田光一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラムの走る町 34 コーストトラム ベルギー   服部一人:

« LongDistance 〜〜〜 < 釧網本線 砂まきDE10 スマイル君のお仕事 > 〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 原点・品川リバイバル  『品川駅東口』  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30