« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

トラムの走る町 34 コーストトラム ベルギー   服部一人

_kzf3781c
ここが沿線の白眉、北海沿いに走る Domein Raversijde(なんて発音するのかわかりません。)電停あたり。この鉄道は全線の大半が海岸沿いに走るといっても、じっさいに海と砂浜が見えるすぐ脇を走るのはここだけ。

Kazt4467

Kazt4447
車両は中央部が低床になった3連接車。

ベルギーはフランスとオランダに挟まれた小国だが、その沿岸部、フランス国境に近いデ•パンネ(De Panne)からオランダ国境に近いクノック(Knokke)まで海岸に沿って走るインターアーバン的な鉄道がコーストトラム(Coast tram,  オランダ語でKusttram, 日本語だと海岸電車といったところか) である。

総延長約68キロ、停留所の数は70。ベルギーの海岸線の長さが約65キロだそうなので、それよりも長い。単一の系統のトラムとしては世界一距離が長いそうである。通しで乗ると2時間以上かかる。メーターゲージで600V、開業は1885年と古い。沿線には北海沿いのリゾート地がいくつかあり、夏のバカンスシーズンなどは10分間隔で運転されている。じっさい全線を通じて乗降客はけっこう多い。

沿岸の町と町を結び、市内は路面電車、郊外は専用軌道を走る。車両が3連接のわりと近代的なものなので、僕としてはちょっと残念なのだけど、車庫の中には昔のビンテージトラムを何両も保存していて、おもに夏のバカンスシーズンに走らせている。次に行く時にはぜひ見たいものだ。

Kazt4636

Kazt4651

Kazt4484

_kzf3709
沿線で唯一古い駅舎が残っているのがデ•ハーン(De Haan)

_kzf3672

Kazt44982

Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, 50                               VOL.1164

2018年10月27日 (土)

LongDistance 〜〜〜 < 釧網本線 砂まきDE10 スマイル君のお仕事 > 〜〜〜 梅村貴子

砂まき機関車に最初に会ったのは2年前の石北本線、
http://blog.rail-on.com/2016/11/longdistance-db.html
今年は釧網本線の砂まき機関車DE10に会いに行きました。

砂まきの説明はその時と同じ文・・・
「紅葉が進むにつれて落葉も増え、葉っぱの脂と霜のせいでスリップが起きる。それを防ぐため、線路に砂をまく機関車が一人、トコトコと走る。スマイル君はここでも活躍。」

釧網本線では、釧路から知床斜里までを一日一往復。

撮影初日は定番の赤いDE10、遠くからのご挨拶。

181027_001
細岡-釧路湿原

さて翌日、待てどくらせど現れないスマイル君、ちょっと体調不良らしい・・・お大事に。

 

そのまた翌日、ノロッコ号仕様(使用)の緑色が朝日の中をやってきた。

181027_002
札弦-清里町

181027_003
清里町-南斜里

181027_004

知床斜里駅でひと休み

181027_005

午後はまた釧路に向かってお仕事タイム   札弦-緑

181027_007
__

181027_006

緑-川湯温泉

砂をまきまき、トコトコと。
DE10スマイル君は砂でも雪でも、巻きあげる姿がよく似合う。

お疲れ様〜〜〜。

181027_008
磯分内-標茶

JR北海道 釧網本線
Sony α7R3・α7lll  /  FE16-35mm F4 ・ FE70-200mm F4
vol.1163      Thanks326(サブロー)氏 

2018年10月24日 (水)

東海道新幹線ランドスケープ  181024  太和田光一郎

Pmd_8285kt_
近江鉄道本線のここ犬上川橋梁は私の好きな場所の一つですが、今までにこの鉄橋を渡る列車を撮れたことは数えるほどです。

今回は黄昏時に1/30secで流したカラオケバージョンです。

Pmd_7847k__4オマケは、Hello Kitty Shinkansenです。

先日、出張で新大阪駅に降り立つと、何やらいつもとは違う雰囲気。駅のアナウンスは、しきりにカメラを持ったお客さんに注意を呼びかけています。 すると、JR西日本の新型と思いきや、ハローキティ新幹線が入線してきました。よく見ると500系です。子どもたちは、もう大はしゃぎ、人気はまだまだ続きそうです。

東海道新幹線 京都-米原間・新大阪駅  撮影:2018.10.20  Nikon D5  70-200mm F4   Vol.1162

2018年10月21日 (日)

遥かなる旅愁-遠い風音  深川俊一郎

目を閉じてゆっくり息を吸えば、色づいた木々の香りが脳裏に染み入ります。
北国の秋は、いつも最初に瞼の裏で感じるのです。

18052
彩色秋冷


氷点下の朝、深い霧がどこまでも冷たい。
ようやく水面が姿を現したころ、ぎりぎりまで抑えられた色彩が甦る。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

18051
清秋


色づく木々の中で、清らかな光を全身に浴びる。
ひと風ごとに季節はみるみる深まってゆく。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

18050
冬支度の森


山から秋が駆け下りてくる。
油彩を厚塗りしたような、秋から冬へのグラデーション。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T*

18051_2
遠い風音


速い雲が向こうの山を目まぐるしく明滅させている。
その合間に冷たい風がざわざわと木々を揺らしている。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

Vol.1161

2018年10月18日 (木)

トラムの走る町 33 アムステルダムのガントレット オランダ   服部一人

_kzf2743
東京駅のモデルになったと言われるアムステルダム中央駅の前で。

_kzf3050

オランダの首都アムステルダムのトラムは総延長およそ80キロ、標準軌で600V。車両はすべていまどきの低床(部分低床含む)の連接車で、まぁ、そのあたりは僕の好みではないけど、美しい街並みの中を走る景観は気に入っている。

アムステルダムといえば運河が有名で、その運河沿いに走る区間もけっこうあるのだけど、なかなか運河と一緒に撮れるいい場所が見つからない。
それから噂には聞いていたが自転車がすごくたくさん走っている。僕はトラムを撮っている時、自動車や歩行者などがフレームの中に入るのは気にしないし、そういう被写体も何十年か後になって写真を見返した時に時代を感じさせる重要な要素になると思っている。しかしアムステルダムは自転車が多すぎて車両にカブってしまうことがたびたびあり、いささか困惑した。

_kzf2850

Kazt3436

_kzf3090
街路樹の通りや歴史的な建物など、絵になる場所はいくつもある。

Kazt3250
こちらがガントレット区間。ライツェ通りという狭い繁華街に沿って走る区間だ。停留所で言うとLeidseplein(ライツェ広場)〜Koningsplein(コーニングス広場)あたりである。ここは道が狭く複線が敷設できない。運河を渡る橋の部分だけ広げて交換できるように複線にして、そこに停留所を設けている。この区間はトランジットモールになっていて自家用車の乗り入れが禁止されている。

Kazt3228
一見、単線で停留所のところだけ複線化しているように見えるが、よく見ると単線に見える部分もレールは4本あり、これがガントレットだとわかる。

Kazt3415

こちらは町の中心部と郊外を結ぶライトレール。町の中心部を走る区間は地下鉄になっていて、郊外部分はこのような専用軌道になっている。この駅(アムステルダム南駅)はこのライトレールとトラムの両方が乗り入れるためライトレールの高いホームとトラムの低いホーム(手前)が同居している。

Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, 50                              VOL.1160

2018年10月15日 (月)

LongDistance 〜〜〜 Early Autumn Train Park < 相生鉄道公園 > 〜〜〜 梅村貴子

181015_002
____

181015_003____

181015_004____

181015_005
____

181015_006

 

_______________            ○○○○○○○○○

鉄道公園の記事が続いて恐縮です・・・

「相生鉄道公園」は、石北本線美幌駅から分岐して北見相生まで延びていた相生線の終着、北見相生駅跡が鉄道公園として整備されたところです。

美幌町から釧路方面に向かって南下する国道240号線沿いにあり、「道の駅相生」が併設されて森の中のオアシスと言った風情でした。

駅舎はそのままの雰囲気で残っていて、古い運賃表やプレートなどが飾られていたり、昭和42年当時の時刻表など、じっくり見るものもあります。

訪ねたのは数週間前でしたので、きっと今頃は紅葉がきれいだろうなぁ、と思いを寄せています。

181015_007


181015_008

_____

181015_009_3

このところ数回、鉄道公園記事を続けてしまいましたので、次回は走る車両の記事を載せる予定です。

相生鉄道公園 ( 旧国鉄相生線 北見相生駅跡     北海道網走郡津別町 )
Sony α7R3・α7lll  /  FE16-35mm F4 ・ FE70-200mm F4
vol.1159 

2018年10月12日 (金)

Df散歩  181012 太和田光一郎

Pmd_9567kt_

久しぶりの Df 散歩です。穏やかな光の中、山手線の外回りの車窓から1/40secで切っています。ソフトーンを付けているように見えますが、窓ガラスの汚れで偶然に滲みました。

日頃、一枚の写真をじっくりと観ていただけるような、深みのある写真が撮りたいと思いつつ…。 散歩は続きます。

2018.10.7 JR田町駅  Nikon Df  16-35mm F4     Vol.1158

2018年10月 9日 (火)

只見線がくれたもの-2018長月  深川俊一郎

稲穂の芳しさが鼻をくすぐる頃、会津盆地は黄金色に染まります。
季節の折り返しともとれるこの時期を境に、野山は一歩ずつ冬に向けて歩き出すかのようです。

180482
朝靄の彼方


長い秋雨がようやくあがった。
朝靄の向こうには、収穫間近の実りの里が輝いていた。
只見線 会津高田-根岸 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

18049
甘い秋風


線路端に甘い秋風が漂ってきた。
列車はゆっくりと、秋桜を揺らしながら去ってゆく。
只見線 会津柳津-郷戸 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T*

18049_2
宵闇へ


同じ時刻の列車を撮っていると、ふと日が短くなったなと思う。
広い一本道が、宵闇に吸い込まれてゆくようだ。
只見線 会津高田-根岸 HASSELBLAD 201F Distagon CF 50mmF4 T*

Vol.1157

2018年10月 6日 (土)

トラムの走る町 32 ロッテルダム オランダ   服部一人

Kazt3655

_kzf3191
ロッテルダムのトラムは系統が全部で9つ。軌間は標準軌。電圧600V 。

ロッテルダムを走るトラムはすべて2000年以降に配備された新しい連接低床車両である。まぁ、古いもの好きな私としてはさほど興味がわくとは言えない。でも駅前からしばらくの区間は美しいグリーンベルトや川(池?)沿いの気持ちのいい景色の中を走る。また、ここはいくつもの系統が走っている区間なので次々に電車が来るのもいい。

この町にもトラム博物館があるのだけど、今回は時間がなくて行けずじまい。けっこうな数の古いトラムがコレクションされているようなので、いつかまた行きたいね。

_kzf3186
特徴的な駅舎のロッテルダム中央駅前。

_kzf3210

_kzf3223

Kazt3598
休日を中心にレトロトラムも走る。

Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35                            VOL.1156

2018年10月 3日 (水)

LongDistance 〜〜〜 卯原内 Window Winds < 卯原内交通公園 > 〜〜〜 梅村貴子

181003_001
_________
_________

181003_002
_______
______
_

181003_003
________
_______

181003_004______
_

181003_005

________ 
_________________○○○○○○○○○○

北海道内の鉄道公園訪問記を続けます。

網走市、旧国鉄湧網線卯原内駅の跡地にある 「卯原内交通公園」。
こじんまりですが、能取湖が見えて気持ちのよいところでした。

181003_006


卯原内交通公園 (旧国鉄湧網線 卯原内駅跡地 網走市)
Sony α7R3・αlll  /  FE16-35mm F4・FE70-200mm F4 
vol.1155

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31