« LongDistance *** White & Blue 釧網本線 流氷物語号2019 *** 梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-極寒に咲く花  深川俊一郎 »

2019年2月12日 (火)

トラムの走る町 36 アントワープ ベルギー   服部一人

Kazt4762

_kzf4066

_kzf4009b
背景に見える荘厳な建物はアントワープ中央駅→http://blog.rail-on.com/2019/01
/14-8179.html

アントワープのトラムはメーターゲージ。標準軌が多いヨーロッパにあって、このちょっとナローな感じは僕の好みに合う。系統数12路線で総延長は116キロにもなる。市内中心部は一部区間で地下鉄になり、これはプレメトロと呼ばれている。

いまどきの連接低床車が増えてきたが、まだ多くのPCCカー7000型が走っている。路線によって単行、または2両連結で運行されている。僕の興味も当然この7000型なのだが、とりわけファーストナンバーの7001号は旧塗装になっていて、ひときわレトロで目を引く。


_kzf3983
こちらがファーストナンバーの7001 1960年製です

Kazt4846

Kazt4764

アクセスとガイド

トラムはDe Lijn(デ レイン)社が運行しており、通常の1回券は3ユーロと少々高いが、ここは一日券を買うのが便利。これなら6ユーロなので撮影で乗り降りしていればすぐに元は取れる。Lijnwinkeisというチケット販売所が中央駅の中にあって、こちらで購入した。ほかにもキオスクなどでも買えるらしい。

系統番号11番(Melkmarkt〜Antwerpen Berchem)の終点Antwerpen Berchem の手前にCogels-Osylei(コーゲルス オスイレイ)という通りがある。ここは19世紀末のアールヌーボー調の住宅が立ち並ぶ通りだ。それぞれに個性的な装飾の邸宅が堂々と居を構える通りはレトロな電車の背景にぴったり。

Kazt4812b_2

Cogels-Osylei(コーゲルス オスイレイ)通りをゆく7000型

Kazt4770

もちろん連接低床車も走っています。PCCカーの7000型から乗り換えると格段に車内は静かで乗り心地はいいです

_kzf4193


Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, 50 VOL.1205

« LongDistance *** White & Blue 釧網本線 流氷物語号2019 *** 梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-極寒に咲く花  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラムの走る町 36 アントワープ ベルギー   服部一人:

« LongDistance *** White & Blue 釧網本線 流氷物語号2019 *** 梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-極寒に咲く花  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30