« 駅のたたずまい 15 あちらこちら   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル 190327 太和田光一郎 »

2019年3月24日 (日)

春の気配-小湊鉄道  深川俊一郎

みなさまに大切なお知らせ
ニフティ社ブログシステムの更新により不具合が生じています。そのため、写真が変形して表示される場合があります。その際は、写真を1枚ずつタップ(クリック)して頂ければ、正しく表示されます。しばらくご不便をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

寒かったのか暖かかったのか、思い返せば分からくなるような今年の冬でした。
毎年春の足音を聞きにこの駅に来たくなります。

19016_11
ひだまりの駅
改札口は春へと繋がっている。
 
19016_6
春の気配
線路脇の片隅にも春の気配。
 
19016_7
梅香る
梅には静かな華やかさがある。
 
19016_5
帰ろうか
日が傾くと少しひんやりしてきた。
小湊鉄道 高滝 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T*

余談
データをみてお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、少し機材の話を・・・
何と新品のレンズ(厳密には未使用品)を入手しました!販売終了から10年以上を経て、私にとっておそらく最初で最後の新品ハッセルです。
久しく味わっていなかった新品の感触は、至高の喜びです。
Fe50_2Fe50_3
入手したのは、フォーカルプレーン機専用のDistagon FE 50㎜F2.8。私の常用レンズCF 50㎜F4と比べ、レンズシャッターがない分1絞り明るいことと、絞り羽根にRがついており点光源ボケが柔らかくなるのが大きなメリットです。
それにしても、広角レンズで1,000g以上の重量は、ますます身体に応えそうですが・・・
またデジタル化への道が遠くなりました。

Vol.1218

« 駅のたたずまい 15 あちらこちら   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル 190327 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駅のたたずまい 15 あちらこちら   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル 190327 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30