« のと鉄道廃線区間を垣間見る   服部一人 | トップページ | 残照  190409  太和田光一郎 »

2019年4月 6日 (土)

路面電車紀行-喧騒の広島電鉄  深川俊一郎

市電の街、広島。その路線網の中で、少しだけローカル色漂うのが白島線です。
賑わう八丁堀から分かれ、黙々と短い区間を往復するのは、未だに旧型車が主役なのです。

19013
朝の顔
旧型車が顔をあわせた朝。
女学院前 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

19014
いつもの朝
重厚な音を残して去ってゆく。
八丁堀-女学院前 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

19013_1
電車のある通学路
眠たげな空気が残る交差点。
女学院前 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

19014_1
雑踏の狭間
繁華街の始発駅は雑踏に埋もれそう。
八丁堀 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

19014_3
大通りの片隅
置き去りにされた大通りの片隅。
八丁堀-女学院前 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

19014_2
朝の喧騒
車の波に乗って市電がゆっくりやってきた。
女学院前 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1222

« のと鉄道廃線区間を垣間見る   服部一人 | トップページ | 残照  190409  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« のと鉄道廃線区間を垣間見る   服部一人 | トップページ | 残照  190409  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30