« 成田ゆめ牧場 羅須地人鉄道協会ふたたび   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの舞鶴  190621  太和田光一郎 »

2019年6月18日 (火)

路面電車紀行-函館市電に春来たる②  深川俊一郎

元町の賑わいを過ぎて、車窓に素朴な街並みが見えてくると、終点の函館どっく前が近づきます。
観光客の姿も少なくなり、玄関先にねこたちがやってきました。

190310_1
19031_2
井戸端会議


昼下りの電車道は、ご婦人たちにも、ねこたちにも心地よい陽気だ。
ふとした眠気を電車の重い音がかき消してゆく。
函館市電 大町-函館どっく前 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T*

19029_2
19029_3
あそぼうよ


子供たちがねことじゃれ合ったかと思えば、嵐のように去っていった。
陽が傾くと、風が少し冷たくなってきた。
函館市電 大町-函館どっく前 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T*

Vol.1246

« 成田ゆめ牧場 羅須地人鉄道協会ふたたび   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの舞鶴  190621  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田ゆめ牧場 羅須地人鉄道協会ふたたび   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの舞鶴  190621  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31