« 駅のたたずまい 19 リバプール ライムストリート駅 イギリス   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  190927  太和田光一郎 »

2019年9月24日 (火)

遥かなる旅愁-名残の夏空  深川俊一郎

オホーツクにサケマスが帰ってくる頃、季節は折り返し点を迎えます。
恵みの大地からは、豊かな秋の便りが届くのです。

19043
豊かな大地

北の大地に実りの秋がやってきた。
速い雲は気まぐれに模様を描きながら去ってゆく。
釧網本線 南斜里-清里町 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

1904332
名残の夏空

名残の夏空を見上げていると、背中を秋の気配がかすめてゆく。
季節の狭間は何故か少し物寂しい。
釧網本線 北浜 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

19043_20190923181901
長い長い道

まっすぐな線路に乗って、夏の記憶が甦る。
あの森の向こうでは季節が曲がり角を迎えるのだろう。
富良野線 美瑛-美馬牛 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1278

« 駅のたたずまい 19 リバプール ライムストリート駅 イギリス   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  190927  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駅のたたずまい 19 リバプール ライムストリート駅 イギリス   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  190927  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31