« 小さなDLいろいろ | トップページ | 原点・品川リバイバル 『品川乗務員宿泊所』 太和田光一郎 »

2019年10月30日 (水)

只見線がくれたもの-2019神無月  深川俊一郎

季節が一進一退を繰り返し、「異常な」という形容動詞が多用されるこの頃です。
それでも冷たい朝霧に包まれていると、着実に秋が深まってゆくのを肌で感じます。

19048_20191029200001
夢の続き
深い朝霧の奥に、赤いシグナルが瞬きだした。
眠気まなこには、まるで夢の続きのように見える。
只見線 若宮-会津坂下 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T*

19048
薄黄色のホーム
夜が明けてみれば、田んぼはすっかり薄黄色に染まっていた。
朝霧の向こうから、列車のタイフォーンが微かに聞こえてきた。
只見線 若宮 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T*

19049
お出迎え
一日一回の通学列車が到着した。
クロちゃんはいつもどこかでさりげなく出迎えている。
只見線 会津坂下 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T*

Vol.1290

« 小さなDLいろいろ | トップページ | 原点・品川リバイバル 『品川乗務員宿泊所』 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さなDLいろいろ | トップページ | 原点・品川リバイバル 『品川乗務員宿泊所』 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30