« LongDistance ○○○ くしろ湿原ノロッコ号 の雨もよう ○○○  梅村貴子  | トップページ | 路面電車紀行-秋めく函館市電  深川俊一郎 »

2019年10月 3日 (木)

雨もよう   服部一人

_khp3108
ベルゲン ノルウェー

_khp2802
フロム鉄道 ミュールダール ノルウェー

撮影に出ると当然ながら天気が気になる。雨降りは嫌いだが、雨上がりは悪くない。1日雨に降られ、やれやれと思って帰る道すがら、夕暮れにまだ雲の多い空から一条の光がさせば、まぁ、そんなにひどい1日でもなかったかと思い直すのである。

_2015_09_06_0837

コットブス ドイツ

_2015_09_10_0469
ドレスデン ドイツ

CANON EOS 5DMkⅡ,  Makro-Planar50/2, Distagon35/2   VOL.1281










« LongDistance ○○○ くしろ湿原ノロッコ号 の雨もよう ○○○  梅村貴子  | トップページ | 路面電車紀行-秋めく函館市電  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

フロム鉄道と聞いてショース滝をすぐ思い浮かべました。まだ行ったことは無いのですが
滝の前で停車して、ショーを見られると聞きました。ご覧になりましたか?

フロム鉄道と聞いて、ショース滝を思い出しました。まだ行ったことは無いのですが、滝の前で停車してショーを見ることができると聞きました。ご覧になりましたか?

こんにちは。ご返答大変遅くなってすみません。ミュールダールを出てしばらく行った駅で5分くらい停車するので、その間に見学したり写真撮ったりできます。季節によって水量が違うみたいですが、雪解け水の多い時期には迫力ある姿が見られるようです。
フロム鉄道は絶景の人気路線なので予約必須ですが、ウエブサイトか、現地の旅行会社等で予約できます。フロムまで列車で降りて、そこからフィヨルド巡りの観光船に乗って、あとは下船後バスと列車などでベルゲンに戻ることができます。ベルゲンから日帰り可能ですが、本当は数日かけてフィヨルドの旅を楽しむのが最高でしょうね。このコースはオススメです。ご家族みんなで楽しめます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance ○○○ くしろ湿原ノロッコ号 の雨もよう ○○○  梅村貴子  | トップページ | 路面電車紀行-秋めく函館市電  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31