« 阪堺電車 正月のにぎわい 2   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル  200203  太和田光一郎 »

2020年1月30日 (木)

路面電車紀行-寒夜の函館市電  深川俊一郎

凍える港町の冬も、日が暮れれば心が温まる光景が待っています。
電車道は、夢見る光の回廊へと姿を変えるのです。

20001_20200129194103
薄暮
街の遠景が群青色に染まると、やがてぽつぽつと光が灯りだす。
函館市電 魚市場通-十字街 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

20001
寒夜
繊細なイルミネーションが寒空に踊りだす。
函館市電 十字街-末広町 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

20001_20200129194101
光る散歩道
坂道も昼間とは別世界だ。
函館市電 十字街-末広町 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

20001_20200129194102
蒼い夜
函館駅前は光の海に浮かんでいた。
函館市電 松風町-函館駅前 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1327

« 阪堺電車 正月のにぎわい 2   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル  200203  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

蒼い夜のボケがすごいきれい
インスタなら「いいね」が沢山貰えそうです

昭和鉄道少年様
いつもご覧いただきありがとうございます。
駅前は整備され、イルミネーションはLEDで近代化されましたが、それはそれで絵になるものだなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪堺電車 正月のにぎわい 2   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル  200203  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31