« トラムの走る町45 京阪浜大津   服部一人 | トップページ | 東京-仙台 晴れのち雪  200227  太和田光一郎 »

2020年2月24日 (月)

遥かなる旅愁-雪花輝く頃②  深川俊一郎

北から張り出した寒気にすっぽりと包まれた朝、そこにはマイナス30℃の世界がありました。
極寒の大気が織りなす氷の創作が、北の大地に映えるのです。


20004_20200222180501
氷華爛漫


谷間の鉄路にもようやく日が差してきた。
不意に生き返ったように、氷の華が咲き乱れた。
根室本線 下金山-金山 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

20014
真冬の番人

踏切も凍えていた。
その向こうを微かにダイヤモンドダストが舞っていた。
根室本線 富良野-布部 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

20014_20200222180501
雪花輝く

線路端のトドマツが冷たい光を放っている。
極寒の朝に繰り広げられる、氷雪の舞台だ。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1335

« トラムの走る町45 京阪浜大津   服部一人 | トップページ | 東京-仙台 晴れのち雪  200227  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラムの走る町45 京阪浜大津   服部一人 | トップページ | 東京-仙台 晴れのち雪  200227  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30