« トラムの走る町44 新春の嵐電   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  200215  太和田光一郎 »

2020年2月12日 (水)

遥かなる旅愁-雪花輝く頃①  深川俊一郎

冬らしくない冬にやきもきする日々が続きますが、心は北へと向かいます。
雪は少なくても、静かに冷え込んだ朝には、雪花が極寒の世界を飾るのです。

20004
秀峰覚醒

モルゲンロートが重い瞼に沁み込んでくる。
秒単位で繰り広げられる覚醒の舞台だ。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

20004_20200211231902
凍る散歩道

凍る一本道が深い山へと続いている。
朝の散歩は凍てついた空気が少しだけ心地よい。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T*

20004_20200211231901
銀嶺迫る

陽が高くなれば、芦別岳が白く高く迫ってくる。
山あいの鉄路にも遅い朝がやってきた。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T*

Vol.1331

« トラムの走る町44 新春の嵐電   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  200215  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

いつも素晴らしい作品ありがとうございます。
地上波拝見しました。社交辞令ではなく、横浜市内某店は10年以上行き付けで、ストレス溜まったときは訪れて呑ませて頂いてます。

25‰さま
いつもご覧いただきありがとうございます。
また、ジョブチューン見ていただきありがとうございました!
実はわたくしの本業はあちらなのです。「日本一」と公言したいくらは、白糠町の某社で製造しており、半ば趣味のようなこだわりで、公私ともに北海道に関りがあります。
横浜市内の店舗をいつもご利用いただいているとのこと、まことにありがとうございます。何かございましたら、忌憚のないご意見、ご指導を頂戴できれば幸いです。
引き続きよろしくお願い申し上げます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラムの走る町44 新春の嵐電   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  200215  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29