« LongDistance  *** 冬と春の隙間 キハよんまる ***    梅村貴子 | トップページ | 路面電車紀行-函館市電530再び  深川俊一郎 »

2020年3月30日 (月)

軽便蒸機 夢の共演 羅須地人鉄道協会 成田ゆめ牧場   服部一人

_kzf0027b
去る2月、成田ゆめ牧場にある羅須地人鉄道協会まきば線において、蒸気機関車による特別運転撮影会が開かれました。この日は早朝より天気も良く、気温も程よく下がり、美しい朝の光の中で存分に軽便蒸機の活躍を堪能しました。

かつて日本のあちらこちらに存在した軽便鉄道。ぼくは世代的にほとんど現役時代を知りません。写真集や雑誌を見てただただ憧れるのみです。しかし21世紀のいま、かつての情景が目の前に広がります。眼福でした。このような素晴らしい機会を作っていただいた主催者、羅須地人鉄道協会、成田ゆめ牧場の方々に感謝します。

_mg_6755
早朝5時前から出庫準備が始まっている。

_mg_6822
圧力も上がり6号機と7号機が重連で出庫。

_mg_6900
この日のメニューはまず6、7号機の重連で出発。編成はナベトロを入れた貨物列車。

_mg_6988

_mg_6870

_kzf0088b

_kzf0154
重連の後は本務機7号が先頭、6号機が後補機となって再び出発。朝のさわやかな光の中で煙も蒸気も最高!

_mg_7241

_mg_7254

_mg_7120b

_mg_7049

_kzf0285
無事特別運転を終えてくつろぐ2両の蒸機。お疲れさまでした。

Fuji X100f,  XF23, CANON EOS 60D EF17-40/4 (すべて特別な許可のもと撮影しています。)      VOL.1346

« LongDistance  *** 冬と春の隙間 キハよんまる ***    梅村貴子 | トップページ | 路面電車紀行-函館市電530再び  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance  *** 冬と春の隙間 キハよんまる ***    梅村貴子 | トップページ | 路面電車紀行-函館市電530再び  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30