« 長野電鉄にモハ3500を見に行く   服部一人 | トップページ | TOKYO RAILWAY 200312 太和田光一郎 »

2020年3月 9日 (月)

遥かなる旅愁-雪花輝く頃③  深川俊一郎

東へ進めば、寂寥感が徐々に増してゆきます。
そこには厳しさゆえの力強い模様が描かれていました。

20012
氷結模様

顔を背けたくなるほどの強風が絶え間ない。
白煙がうねるように客車を包んでしまう。
根室本線 釧路-東釧路 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T*

20012_20200308161501
結氷

川面がゆっくりと結氷する。
水音は深く吸収され、河口は白いカンバスと化す。
根室本線 西庶路-庶路 HASSELBLAD 500CM Planar CF 80mmF2.8 T*

20012_20200308161601
東へ

車窓に荒涼とした原野が広がってきた。
東へ進むほど寂しさも加速する。
根室本線 尺別-音別 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*

Vol.1339

« 長野電鉄にモハ3500を見に行く   服部一人 | トップページ | TOKYO RAILWAY 200312 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野電鉄にモハ3500を見に行く   服部一人 | トップページ | TOKYO RAILWAY 200312 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30