« ゆとりーとライン 名古屋ガイドウェイバス   服部一人 | トップページ | TOKYO RAILWAY  200524  太和田光一郎 »

2020年5月21日 (木)

ジオパークの鉄路-大糸線にキハ52がいた頃  深川俊一郎

フォッサマグナの西の縁、糸魚川ー静岡構造線の険しい道を、大糸線はゆっくりと辿ってゆきます。
そこに10年前の2010年まで、旧国鉄キハ52の最後の3両が走っていました。
山岳・豪雪地帯用の2エンジン車。現役で本来の活躍の場としては、最後の舞台でした。(その後他社に払い下げられた車輌が現在も走っていますが、ここでは触れません)
晩年は3両が歴代の3種類の塗装(厳密にはキハ52ではなかった色を含む)で、三様に走っていたのが愛らしく、今でも脳裏に焼き付いています。

08026
五月晴れの光景
遠くから写真を撮りに来たことを逆に労ってくれた、とてもありがたかった五月晴れの日。
大糸線 北小谷-平岩 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100G

07029
春の農村風景
絵にかいたらきっとこの通りになるだろうと思ってしまった、農村風景。
大糸線 根知-頸城大野 HASSELBLAD 500CM Planar CF 80mmF2.8 T* E100G

07036_20200516200301
緑眩しく
深い谷間のトンネルから、前触れもなく顔を出す一瞬にドキドキする。
大糸線 中土-北小谷 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100G

07036
涼風の駅
我先にとカメラに迫ってきた子供達。弟と妹はお兄ちゃんに一番を譲った。
大糸線 中土 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100G

Vol.1363

« ゆとりーとライン 名古屋ガイドウェイバス   服部一人 | トップページ | TOKYO RAILWAY  200524  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆとりーとライン 名古屋ガイドウェイバス   服部一人 | トップページ | TOKYO RAILWAY  200524  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31