« LongDistance 〇〇〇 赤い列車の人もよう 〇〇〇  梅村貴子 | トップページ | ジオパークの鉄路-大糸線にキハ52がいた頃②  深川俊一郎 »

2020年6月24日 (水)

リビングストーン 汽車を訪ねて(その2) リビングストーン鉄道博物館  服部一人

_kzf1734_20200623175601

Kazt3554

Kazt3589


_kzf1706

リビングストーンには屋外の鉄道博物館がある。駅から南に徒歩10分程度、かつて機関庫だったところが今は博物館になっている。まぁ、率直なところ野ざらしに近い状態なのだけれど、それでもガーラットをはじめとする大型の蒸気機関車が何両も展示してあって、近づいてみると、やはりその大きさに圧倒される。これが日本と同じ1067ミリゲージというのも不思議な気がする。日本でD51を間近で見ることに比べると明らかにふた回りくらい大きい。

実はここには25年くらい前に1度来たことがある。その時の写真を見ると、さして博物館の雰囲気は変わらない。当時から野ざらしの展示だった。でも車両の塗装はしているようだ。

_kzf1693  

Kazt3557

_kzf1726

_kzf1670


FUJI X-T2, X-100F,  XF16-55/2.8, XF23/2                               VOL.1374

 

« LongDistance 〇〇〇 赤い列車の人もよう 〇〇〇  梅村貴子 | トップページ | ジオパークの鉄路-大糸線にキハ52がいた頃②  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance 〇〇〇 赤い列車の人もよう 〇〇〇  梅村貴子 | トップページ | ジオパークの鉄路-大糸線にキハ52がいた頃②  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30