« リビングストーン 汽車を訪ねて(その3) ローカル線を見にゆく  服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル 200712 太和田光一郎 »

2020年7月 9日 (木)

夏至の頃-小湊鉄道  深川俊一郎

夏至が近づく梅雨の晴れ間、夕刻の明るさに気持ちが安らぎます。

いつしか暦は折り返し、でもこれからもう一雨過ぎれば、その向こうに暑い夏が待っています。


200213
梅雨の晴れ間
雨雲が去れば、軒下でも眩しいほどの光で溢れる。
小湊鉄道 上総鶴舞 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

20020
水無月の駅
たっぷり水分を湛えた紫陽花が小さな駅を埋め尽くした。
小湊鉄道 飯給 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

20021
夏至の頃
いつまでも明るい空に、日の長さを実感した夕刻。
小湊鉄道 上総鶴舞-上総久保 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

200211
また明日
ただの帰り道なのに何故か心が弾む。
小湊鉄道 上総牛久-上総川間 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1379

« リビングストーン 汽車を訪ねて(その3) ローカル線を見にゆく  服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル 200712 太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リビングストーン 汽車を訪ねて(その3) ローカル線を見にゆく  服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル 200712 太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31