« LongDistance 〜〜〜 BLUE SKY BLUE *2020 early summer ver. 〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 夏至の頃-小湊鉄道  深川俊一郎 »

2020年7月 6日 (月)

リビングストーン 汽車を訪ねて(その3) ローカル線を見にゆく  服部一人

_kzf1765

鉄道博物館の横から原野の彼方に延びているように見える線路

 

先回の記事で紹介したリビングストーン鉄道博物館(http://blog.rail-on.com/2020/06/post-2dd251.html)で館内の説明文を読んでいると、この博物館は元々はザンベジソーミルズ(ZAMBEZI SAW MILLS)という製材会社の長大な森林鉄道の機関庫だったという記述があった。森林鉄道といっても日本でイメージするようなナローゲージではない。JRと同じ1067ミリ軌間で大型の蒸気機関車が運行する本格的なものだったらしい。

_kzf1656

こちらが館内に飾ってあった森林鉄道時代の写真。記述によれば、このリビングストーンから良質のチークを求めて全盛時は総延長180キロ近い奥地まで線路が延びていたという。ぜひそういう時に訪れてみたかったものだ。

森林鉄道自体は1970年ごろにやめてしまったようだが、現在でもおよそ160キロ先のムロベジという町まで線路は存在し、ザンビア鉄道が週に1往復、混合列車を走らせているということがわかった。これで俄然興味が湧いて、ぜひ、その混合列車が見たいという気持ちが高まった。

しかし、さらに調べてみると、たかだか160キロの距離を2日もかけて走る列車らしい。いったい表定速度はどれくらいだろう。どうも保線が非常に悪くて、粗末な線路をごく低速でソロリソロリと走っているような感じらしい。さらに訪れた日には運行がない。何日も先まで待つこともできず、残念無念。

しかし、せめてこの先の線路や駅がどうなっているのかくらいは見てみたいものだ。グーグルマップによると道路と線路は並行しておらず、またけっこうな悪路であることが予想された。でも途中駅くらいまではなんとか行けそうだ。さいわい借りた車は四輪駆動車だし、ひとりで未知の田舎道を走るのはいささか心細いが、結局好奇心が勝って行ってみることにした。

_kzf1807

半分砂に埋もれたような線路が続く。しばらく列車は走っていない感じがする。グーグルマップを頼りに、線路から離れたり近づいたりしながら道をたどる。予想したように粒子の細かい砂の深い悪路だが、今は乾季で雨が降らないので四駆なら進むことができそうだ。

_kzf1798

そうやって走っていると線路の先に貨車が見えた。どんどん近づいていくと放置された貨車が荒れ果てた状態で置いてある。すぐ横には民家があり、この貨車を倉庫がわりに使っていた。

_kzf1813

近くに人がいたので聞いてみると、確かに混合列車は走っているらしい。ここに列車が来るのはいつも夜だと言っていた。そして、ここは駅だという。ホームも何もないが列車は停車し、乗降客もいるらしい。

_kzf1809

言われてみると少し先に駅名標があった。カランバという駅らしい。貨車は長いこと使われていないらしく中はすっかり倉庫で、車輪には子供の落書きがあった。

_kzf1817

近くにはこんなもの ↓ もあったので、これはゲージの調整や確認に使うものだろうか。家の人に聞いてみたがよくわからなかった。

_kzf1816

こちらの方はここで牛飼いをやっていて、ちょうど井戸から水をくみ上げて飲ませているところだった。よく見ると井戸の囲いも金属製の枕木のお古のようだ。

_kzf1827

さらにもっと奥地に進みたい気持ちもあったが、午後になってだんだんと日も傾いてきた。帰路の時間も考えると、ここらへんが引き返す潮時だろう。地図を見れば起点のリビングストーンからおよそ60キロくらいの地点だった。

こんなローカル線がいまだに残っているのは多少の需要があるからだろう。あとで駅で調べてみると運賃は格安で田舎の沿線住民にはありがたいことだろう。そして終点のムロベジを結ぶ道路は砂の深い悪路で、雨季にはかなりぬかるんで普通の自動車にとってはかなり難渋するはずだ。

そんなところが存続の理由だろうが、一度走っているところを見たかったものだ。でも、まぁ、未知のローカル線を探訪しただけでも、それなりに楽しい1日であった。

Kazt3604

 

FUJI X-T3, X100F, XF23/2,  16-55/2.8               VOL.1378

 

« LongDistance 〜〜〜 BLUE SKY BLUE *2020 early summer ver. 〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 夏至の頃-小湊鉄道  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance 〜〜〜 BLUE SKY BLUE *2020 early summer ver. 〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 夏至の頃-小湊鉄道  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31