« 梅雨の末期-小湊鉄道  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** SUMMER LOUNGE 2 「 夏旅 一駅 よりみち話 」 *** 梅村貴子 »

2020年8月 6日 (木)

Df散歩  200806  太和田光一郎

久方ぶりのレンズ手持ちの撮影です。(他社のレンズを変換マウントを使わずに手で持って撮影すること)

今回の相棒は、ちょうど40年前に購入したNewFD200mm F2.8です。しばらく使っていなかったのでカビが心配でしたが大丈夫!

朝の通勤途中に撮った、スナップでまとめてみました。いずれも絞り開放・ノートリの片道一本勝負です。

前回記事:http://blog.rail-on.com/2019/03/df-190303-e376.html

Pmd_8220k_つかの間の停車時間に被写体を探す。Pmd_8247k_ 急ぎ足でエスカレーターの階段を駆け上がりながらシャッターを切る。 Pmd_8234k_ シフトレンズを使ったようなボケ味が魅力的。Pmd_8279k_ 光軸を少しずらして深度を調整するのも楽しい作業。

 

撮影:2020.8.5  東京メトロ東西線・日比谷線

Nikon Df   FD200mm F2.8  Vol.1388

« 梅雨の末期-小湊鉄道  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** SUMMER LOUNGE 2 「 夏旅 一駅 よりみち話 」 *** 梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

変換マウントを使わずに手で持って撮影する方法があるんですね。しかも面白い作品ができますね。今度、試させていただきます。

ベッサホイ 様

いつもありがとうございます。
無限にピンが来ない組み合わせもありますが、今回のような望遠マクロのような表現も面白いと思います。ぜひとも、お試しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨の末期-小湊鉄道  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** SUMMER LOUNGE 2 「 夏旅 一駅 よりみち話 」 *** 梅村貴子 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30