« 昭和風情の駅 琴電 片原町   服部一人 | トップページ | Df散歩  200924  太和田光一郎 »

2020年9月21日 (月)

過ぎ去り夏-小湊鉄道②  深川俊一郎

あれだけ暑かった夏も、暦が変われば吹く風の中にわずかな涼しさを感じます。
少し日が陰ってくると、夏の終わりのそこはかとない寂しさを、ふと覚えるのです。

20032
さんぽみち
蝉時雨が次第に虫の音へと変わってゆく。
小湊鉄道 海士有木 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100

20032_20200920221901
残暑の候
背後を流れる風が微かに涼しいような気がした。
小湊鉄道 海士有木 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100

20031_20200920221801
夏の記憶
草の匂いに夏の記憶が蘇る。
小湊鉄道 海士有木 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100

20032_20200920221902
過ぎ去りし夏
去ってゆく夏はどこか寂しげだ。
小湊鉄道 海士有木 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* E100

Vol.1403

« 昭和風情の駅 琴電 片原町   服部一人 | トップページ | Df散歩  200924  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和風情の駅 琴電 片原町   服部一人 | トップページ | Df散歩  200924  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31