« 昭和の香り 有楽町   服部一人 | トップページ | Df散歩  200912  太和田光一郎 »

2020年9月 9日 (水)

過ぎ去りし夏-小湊鉄道  深川俊一郎

暦が一つ進んでも、季節は名残惜しく留まっています。
列車が去ったあとの静寂は、ツクツクボウシの合唱にかき消されるのです。

20031_20200908221302
夏雲何処へ
雲の動きが少し早くなると、季節が折り返し点を迎えるころだ。
小湊鉄道 上総川間-上総鶴舞 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100

20031_20200908221301
まばゆい夏
真夏の線路端には、生ぬるいけれど心地よい風が流れている。
小湊鉄道 高滝-里見 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100

20031
炎天下
真夏の番人は寡黙に次の列車を待っていた。
小湊鉄道 上総川間-上総鶴舞 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100

Vol.1399

« 昭和の香り 有楽町   服部一人 | トップページ | Df散歩  200912  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和の香り 有楽町   服部一人 | トップページ | Df散歩  200912  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31