« トラムの走る町 46 古い時代の東側の国で   服部一人 | トップページ | Df散歩  210212  太和田光一郎 »

2021年2月 9日 (火)

遥かなる旅愁-孤独な鉄路②  深川俊一郎

寒気にすっぽり覆われた北の大地が、放射冷却でマイナス25℃を下回ると、そこには荘厳な朝が待っています。
先が途絶えた根室本線の、置き去りにされたこの区間は、けものみちのような孤独な鉄路なのです。

21003_20210208230301
朱鷺色の夜明け

冬の一番列車が夜明けを背負ってやってきた。
向こうの山並みが柔らかな朱鷺色に染まってきた。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 500CM Planar CF 80mmF2.8 T* E100

21003_20210208230302
秀峰現る

何度この光景を狙っただろうか。
真冬の芦別岳は一度として同じ表情がない。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T* E100

21008
凍える森

遅い朝陽が待ち遠しい、深い山あいの鉄路。
霧氷が描く凍てつく森の造形。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* E100

Vol.1456

« トラムの走る町 46 古い時代の東側の国で   服部一人 | トップページ | Df散歩  210212  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラムの走る町 46 古い時代の東側の国で   服部一人 | トップページ | Df散歩  210212  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31