« LongDistance ーーー マイナス28度の朝 <石北本線 緋牛内駅> ーーー   梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-孤独な鉄路④  深川俊一郎 »

2021年3月 2日 (火)

箱根登山鉄道109まもなく引退   服部一人

Dscf3533

Dscf3513

Dscf3611

毎年3月はダイヤ改正、そして鉄道車両の置き替わりの季節だ。この春もJR、私鉄と名車たちが引退していく。箱根登山鉄道の109号もそのひとつ。今はラストランの看板をつけて同じく旧型車と3両編成で最後の運行中。104、106の2両固定編成に109が連結されて色違いの3両はカラフルで見映えがする。終日、山を登ったり下りたりの大活躍。


Dscf3375

Dscf3691

Dscf3379

Dscf3687

3両の塗色はどれも似合っていて甲乙つけがたいが、僕の好みではこの106号の黄色と水色がレトロで可愛らしくて一番の好み。104と106の2両編成はこの先も残るそうなのでまた見に行きたいものです。

FUJI X-T3, XF16-55/2.8,   90/2                                       VOL.1462

 

 

« LongDistance ーーー マイナス28度の朝 <石北本線 緋牛内駅> ーーー   梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-孤独な鉄路④  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

109引退後は106が先頭になってくれると嬉しいのですが,だいたい真ん中に挟まれていますね。

こんにちは。僕も106が先頭に立って運行する姿が見たいです。このツートンは明るい雰囲気でいいですね。模型で1両、手元に置いておきたい感じです。

服部様、素敵な写真「ありがとうございました。
皆様お元気でいらしゃいますでしょうか
もう20年以上経過しました現代鉄道写真抄展で代表させていただきました金子です。
世の中コロナ禍のおいても鉄道ファンの方々は逞しく撮影なされていることが
とても嬉しく、まだ未来はあるのだと、信じたいです。

昨日梅さんと下妻さんのお近く有明に仕事があり
急に皆様のことを思い出しました。
厳しい時代ですが、いつまでも希望を捨てず
未来へとのみちは必ずあると思っております。
写真展のときの図録のコメントは現実化してしまいましたが
まだ鉄道の希望はあると信じております。

また皆様にお会いできたらと思っております。
私信失礼いたしました。

金子さん、お久しぶりですねー。お元気ですか。お便りありがとうございます。こちらは写真展からブログへと場所が変わっておりますが、相変わらずこんなことをして写真を発表しております。皆で空前絶後の写真展をやったのも、はや20年くらい前になりましたが、その後もみなさま、それぞれの人生でご活躍と思います。
我々も今は各メンバーが忙しくしておりますが、あと5年もしないうちに会社勤めの人間は定年を迎えるような歳になりました。そうなれば環境も変わりまた折を見て写真展でも開催できたらと密かに思いめぐらしています。そのうち、同窓会的にまたみなさんでお目にかかりたいですね。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance ーーー マイナス28度の朝 <石北本線 緋牛内駅> ーーー   梅村貴子 | トップページ | 遥かなる旅愁-孤独な鉄路④  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31