« 只見線がくれたもの-最終章③  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** 春色採集 2021 ***  梅村貴子 »

2021年4月 3日 (土)

TOKYO RAILWAY  210403  太和田光一郎

Pmd_8388k_ Pmd_8432k_

先日、仕事で外濠公園に訪れました。今年も桜の老木を撮影した後、黄昏の中をミラーの500mmで一本勝負!自分自身にレンズは1種類、トリム不可・組写真で表現するという課題を設けて挑んだ楽しい撮影でした。

Pmd_8424k_

撮影:2021.3.23  JR中央線 飯田橋-市ヶ谷間

Nikon Z7Ⅱ    RF500mm F8

       Vol.1473

« 只見線がくれたもの-最終章③  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** 春色採集 2021 ***  梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

太和田さんの、こういう縛りを決めての撮影手法は、勉強になります。
私も20数年前、ペンタックス6x7を使っていた頃、45mレンズ(35レンズ換算で約22mの超広角レンズを買い、すぐの大井川鉄道での撮影では、一日中このレンズ以外は使わないでの縛りを決めて撮影をすると、自分のカメラアイが広がりました。


K.Iwamatu様

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
最近、プライベートの撮影では、レンズを1本だけでスナップを楽しむことが増えました。
レンズを選ぶ迷いが無くなり、割り切って撮ることが出来る良さがあるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 只見線がくれたもの-最終章③  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance *** 春色採集 2021 ***  梅村貴子 »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31