« 朝の駅   服部一人 | トップページ | ステイホーム  210521  太和田光一郎 »

2021年5月18日 (火)

路面電車紀行-桜色の函館市電  深川俊一郎

桜前線が津軽海峡を渡るのが、年々早くなるような気がします。
今年もハイカラ號の運行再開には間に合いませんでしたが、北国が一瞬で明るくなるこの時を、いつも待ち遠しく思います。

21021
海風あたたか
向こうの津軽海峡からゆっくりと陽が差してきた。
函館市電 青柳町-谷地頭 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T* E100

21021_20210517200601
桜前線北上
沿道の桜が咲けば、電車道が一気に明るくなる。
函館市電 昭和橋-千歳町 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100G

21020
桜色の大三坂
坂道を駆け上がると、少し汗ばむ陽気になってきた。
函館市電 十字街-末広町 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* E100G

Vol.1488

« 朝の駅   服部一人 | トップページ | ステイホーム  210521  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝の駅   服部一人 | トップページ | ステイホーム  210521  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30