« 初夏の箱根登山鉄道 旧型車モハ1,2を愛でる   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  210627  太和田光一郎 »

2021年6月24日 (木)

キハ40との再会-小湊鐵道  深川俊一郎

只見線で昨年まで活躍していたキハ40が、小湊鐵道で第二の人生を送ることになりました。
私にとって一区切りをつけた只見線から、身近な小湊鐵道でまた再会することになるとは、なんというご縁でしょうか。
60年ぶりの「新形式車両」と言えども、沿線や駅の雰囲気を壊さないその姿に、ほっと一安心です。
今回乗車はできませんでしたが、クロスシートでの小さな旅がとても楽しみです。


当ブログは9周年を迎えたばかりですが、回数も1,500回を数えました。引き続きご覧いただきますよう、お願い申し上げます。

010241
会津盆地と一瞬勘違いしたしまった初夏の水田。
小湊鐵道 上総村上-海士有木 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

010242
只見線では見られなかった、1両で走る姿が愛らしい。
小湊鐵道 馬立-上総牛久 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

010243
会津坂下駅と思いきや、いつものキハ200と顔を合わせ、ここが千葉県なのだと実感する。
小湊鐵道 上総牛久 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

010244
草いきれに緑色の塗装がよく似合う。
小湊鐵道 海士有木-上総三又 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* RDPⅢ

Vol.1500

« 初夏の箱根登山鉄道 旧型車モハ1,2を愛でる   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  210627  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の箱根登山鉄道 旧型車モハ1,2を愛でる   服部一人 | トップページ | 東海道新幹線ランドスケープ  210627  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31