« 京都鉄道博物館(下)   服部一人 | トップページ | ドリームトレイン  211109  太和田光一郎 »

2021年11月 6日 (土)

路面電車紀行-秋天の熊本市電②  深川俊一郎

熊本市電5000形、唯一の5014号車が朝の熊本を走ります。こんな電車がまだ残っていることに、驚きを禁じ得ません。
そのシックな色合いと可愛らしい佇まいが、何とも琴線に触れるのです。

21051_20211103103102

21051

21051_20211103103101
清秋
昭和32年製、元西鉄福岡市内線の車両が、西鉄時代の塗装で熊本の街を走っている。
澄んだ朝陽にクラシカルな車体が光り輝いていた。
熊本市電 洗馬橋-西辛島町 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T* RDPⅢ

21051_20211103103201

21051_20211103103202
窓辺の秋
通勤通学用に朝の一往復だけの運用だ。
吊り掛け駆動ではない。初期の中空軸平行カルダン駆動の「スゥィー」とスムースなモーター音、川崎車輌独自のOK台車の硬めだが安定感ある乗り心地に、心くすぐられる。
熊本市電 車内 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

21052_20211103103201
行ってらっしゃい
校門前の小さな電停で、生徒たちを送り出す。
熊本市電 商業高校前 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

21053_20211103103201
早足の朝
ブラウン色の車体に白いシャツが眩しかった朝。
熊本市電 商業高校前 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T* RDPⅢ(+1)

21047_20211103103201
すがしい朝
反対方向に通勤客を乗せて走れば、一日の仕事は終わりだ。
もっと古い車輌は存在するのに、なぜこれほど惹かれるのだろうか…

熊本市電 商業高校前 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T* RDPⅢ

Vol.1544

« 京都鉄道博物館(下)   服部一人 | トップページ | ドリームトレイン  211109  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都鉄道博物館(下)   服部一人 | トップページ | ドリームトレイン  211109  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31