« 1982年の中国   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの宇都宮  220115  太和田光一郎 »

2022年1月12日 (水)

路面電車紀行-阪堺電車2022迎春  深川俊一郎

 昭和3年生まれのモ161号が住吉大社の門前を走ります。
人々の暮らしに寄り添うように走る路面電車は、撮っても乗っても楽しいものです。

22001_20220110230701
独壇場
交通規制が布かれた沿線は、路面電車の独壇場だ。
阪堺電車 塚西-東粉浜 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T* RDPⅢ

22001
ハレの日
参拝客で小さな電停はいっぱいだ。
阪堺電車 東玉出 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

22001_20220110230703
陰影
深みあるモスグリーンの車体に踊る提灯が印象的だった。
阪堺電車 住吉鳥居前 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

22001_20220110230702
午後の門前
カラフルなおもちゃに不意に目を奪われた午後。
阪堺電車 住吉鳥居前-細井川 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1573

« 1982年の中国   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの宇都宮  220115  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

『午後の門前』は見れば見るほど味わい深く穏やかな気持ちになります。こんな作品を写してみたいものです。

25‰さま
いつもご覧いただきありがとうございます。路面電車を撮り歩いていると、あちらこちらにささやかな発見があり楽しくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1982年の中国   服部一人 | トップページ | 久方ぶりの宇都宮  220115  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31