« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月30日 (水)

お蔵入りリバイバル レンズ編  220330  太和田光一郎

Pmd_0279k_ Pmd_0125k_

今回は、東京の地下鉄をテーマに、しばらくの間お蔵にしまいっぱなしだったF4.5の300mmを使いました。レンズってF5.6だと暗いと思いますが、F4.5だとなぜか許せてしまいます。とにかく軽いので通勤に携帯しても苦になりません。

印象的な赤と黒だけで構成しましたが、何となくNikonを連想してしまうのは私だけではないことでしょう。

2022.3.27-28  東京メトロ 日比谷線 茅場町駅

Nikon Z7Ⅱ ED300mm F4.5

Vol.1598

2022年3月27日 (日)

遥かなる旅愁-氷雪の舞台②  深川俊一郎

東へと向かう列車は、そこはかとない孤独感を滲ませます。
空と大地の多彩な表情が、置き忘れた旅愁を呼び覚ますのです。

22008_20220326232401
地吹雪のあと

身体を持っていかれそうな地吹雪が止むと、大地にはその文様が描かれていた。
気が付けば薄紫の夕暮れ時がすぐそこに迫っていた。
根室本線 御影-芽室 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100

22012
雪雲襲来

厚い雪雲が大地を飲み込んでゆく。
残された陽光は僅かに行く道を照らす。
根室本線 厚内-音別 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100

22005_20220326232501
最果ての道

細い細い道は東へと続く。
寂寥感も益々募ってゆく。
根室本線 厚岸-糸魚沢 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* E100

22005
落日

東の果ては落日も早い。
一瞬の輝きがいつまでも瞼に焼き付いていた。
根室本線 別当賀-落石 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*+2XE E100

Vol.1597

2022年3月24日 (木)

函館市電 電車いろいろ   服部一人

Dscf9501

Dscf94222

Kazt8488

前回掲載したササラ電車の撮影の際、猛烈な雪の中で黙々と働く電車たちも撮影した。530はもちろん重厚でいちばん好きだが、ほかの電車も厳しい環境の中で走り続けてたくましい。

Dscf9547

Dscf9277

FUJI X-T3,T2,  XF16-55/2.8,   XF90/2, 70-300/4.5-5.6           VOL.1596      

2022年3月21日 (月)

LongDistance *** ラッセル LOVER 写筆帳 2022 今年会えた「雪かき列車」 ***  梅村貴子

夏日気温になる日もある今頃にラッセル車のカット掲載と、ちょっと時期外れなことで恐縮です

220321_001

___

220321_002ok____ 

220321_003宗谷本線 智恵文ー日進
__

220321_004石北本線 伊香牛ー愛別
___220321_006

愛別ー中愛別_

220321_005

伊香牛ー愛別

今冬は、ラッセル車以外の撮影に時間を回したり、ラッセル車撮影と考えていた日が運休となったりで、ラッセルに出会えた機会は例年より少なめでした…。定番撮影地のカットばかりですが、冬季に一度は掲載したい車両なのでわがままをどうぞお許しください。

220321_007

また来年会えますように…


JR北海道  宗谷本線・石北本線 
Sony α7R3・α7lll  / FE16-35mm F4・FE24-105mm F4・FE70-200mm F2.8M2 (トリミングあり) 
vol.1595       Thanks 326氏

2022年3月18日 (金)

東海道新幹線ランドスケープ  220318  太和田光一郎

Pmd_0400kt_Pmd_3917kt_
今回も、以前に撮った写真を引っ張り出して組んでみた。加工の段階で色調を揃えて露出を切りつめ、彩度を落としてゆく。

すると、忘れかけていた伝説のフィルム『コダクローム』の色が蘇ってきた・・・。

① 2021.11.13 東海道新幹線 新富士-三島間

② 2019.1.17          〃        京都-米原間

Nikon Z7Ⅱ・ Nikon D5   70-200mm F2.8     Vol.1594

 

2022年3月15日 (火)

遥かなる旅愁-氷雪の舞台①  深川俊一郎

大寒の頃、北の大地は最高気温すらマイナス10度を下回ることもしばしばです。
陽は低くて短く、繊細で厳かな光景が繰り広げられます。

22006
残月

雲の切れ間からおぼろげに残月が現れた。
入れ替わるように山稜のモルゲンロートが目覚めを促す。
根室本線 山部-下金山 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T* E100

22006_20220313140801
極寒模様

霧氷のグラデーションが極寒に揺れている。
小さな列車は孤独の道を辿ってゆく。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T* E100

22006_20220313140802
大寒

一日中凍てつく日であった。
昼を過ぎても霧氷が散らずに残っていた。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100

22007
薄暮の大地

早々に陽が山の端に隠れてしまった。
残された足跡が少し寂しげに横切っていた。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100

Vol.1593

2022年3月12日 (土)

函館市電 ササラ電車大奮闘   服部一人

Dscf9068

排3号出発前の姿。吹雪ですでに出発前から白くなっている。

Kazt8413

最初は軽く雪かきだったが....。

今年の冬は豪雪だった。ついひと月ほど前だが、函館市電に残る貴重なビンテージトラム「ササラ電車」の特別チャーター撮影会が行われた。函館市電には現在も「排3号」「排4号」の2両の雪かき電車が在籍している。

 

このうちの3号をチャーターして撮影会をすることになったのだが、事前の打ち合わせでは、たとえ雪がなくてササラ電車の運行の必要性がなくても、ササラを回さずに運行するということであった。参加者としてはもちろんササラが回って雪を飛ばしているところを撮りたいのはやまやまだが、滅多に走ることのないササラ電車を撮影できるだけでもありがたいといった気持ちであった。

 

しかし当日、すでに前日からの激しい降雪はいっこうに止む気配もなく、本当にササラ電車が出動しなければいけない荒天だった。お住まいの方々や交通局の皆様方のご苦労を思うと誠に申し訳ない気持ちではあったが、ササラ電車が本気で活躍する姿を拝むことができたのはとてもうれしかったです。撮影会に絶大なご協力をいただいた函館市交通局の皆様方、ありがとうございました。

Dscf9338c

530と絶妙のすれ違い!

Dscf9389

途中からはさらに吹雪が強くなり、ほとんどホワイトアウト寸前。

Dscf9461

日没後も奮闘は続く。

Kazt8535

仕事が終わって車庫に帰還。車体に激しく付いていた雪を落としてもらって僚機「排4号」と並んで記念撮影。本当にお疲れ様でした。

 

FUJI X-T3,T2,  FUJINON XF16-55/2.8,  70-300/4-5.6, 90/2           VOL.1592

 

 

 

2022年3月 9日 (水)

LongDistance  *** 道東 冬時刻 <輝くキハ40> ***   梅村貴子

220309_001

朝」

220309_002

「昼」

220309_003
「夕」


ダイヤ改正の行われるこの時期は、新しいことへの期待感はあるものの、車両運行終了や廃駅など寂しいこともたくさんやってきます。先達ての深川氏の記事でも触れられていましたが、根室本線、新得-釧路間での「キハ40」運行は3月11日をもって終了となります。
丸っこくて愛らしいキハ40に会える機会が少なくなりとても残念ですが、軽い新型車両によるスピードアップや燃料代の節約など、運営の諸事情をを考えると仕方ないこととも思います。

今後もどこかで40に会えたら「輝いてるよ!よんまる!」とエールを送ります。


JR北海道 根室本線 花咲線(花咲線は根室本線の釧路ー根室間の愛称)

上・糸魚沢ー厚岸 (糸魚沢駅は今年のダイヤ改正で廃駅となります)
  この時は国鉄一般気動車標準色40が花咲線に入ってきていました
中・厚内ー音別
下・落石ー別当賀 
  国鉄一般気動車標準色40+キハ54で運行されていました

Sony α7R3・α7lll  / FE24-105mm F4・FE70-200mm F2.8M2 
vol.1591       Thanks 326氏

2022年3月 6日 (日)

お蔵入りリバイバル  220306  太和田光一郎

Pmd_7880kt_

以前に何度かご紹介した『SONY湖西サイト』。僅かにブレてしまったので、すぐにお蔵にしまい込んだんですが、初めて撮れた降雪バージョンなので、登場となりました。

撮影:2022.2.6 東海道新幹線 豊橋-浜松間

Nikon Z7Ⅱ  70-200mm F4G

Vol.1590

2022年3月 3日 (木)

遥かなる旅愁-キハ283最後の舞②  深川俊一郎

目が覚めるようなブルーのペイントには、やはり純白のパウダースノーが似合います。
白煙を舞い上げ駆けてゆくその姿を、決して忘れることはないでしょう。

15011
粉雪

サラサラのパウダースノーを纏って滑るように駆けてゆく。
車窓はきっと白く霞んでいることだろう。
石勝線 トマム-新得 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* RXP

21076
氷雪の舞台

冬の湿原は広大な舞台と化す。
特急列車は優雅に舞ってゆく。
根室本線 音別-白糠 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* E100

22008
白煙輝く

大きな弧を描いて峠道を下ってゆく。
舞い立つ白煙が森に光っていた。
石勝線 トマム-新得 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*+2XE E100

14017
東へ

車窓に荒涼とした原野が広がると、いよいよ東へやって来たと実感する。
車体を傾斜させながら、特急列車は軽快に駆けてゆく。
根室本線 尺別-音別 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* RVP100F

12004
青い眼光

群青色の森の奥から鋭い眼光が差してくる。
やがて宵闇が辺りを飲み込むのだろう。
根室本線 新夕張-占冠 HASSELBLAD 201F Sonnar C 250mmF5.6 T* E100G

Vol.1589

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31