« 函館市電 電車いろいろ   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル レンズ編  220330  太和田光一郎 »

2022年3月27日 (日)

遥かなる旅愁-氷雪の舞台②  深川俊一郎

東へと向かう列車は、そこはかとない孤独感を滲ませます。
空と大地の多彩な表情が、置き忘れた旅愁を呼び覚ますのです。

22008_20220326232401
地吹雪のあと

身体を持っていかれそうな地吹雪が止むと、大地にはその文様が描かれていた。
気が付けば薄紫の夕暮れ時がすぐそこに迫っていた。
根室本線 御影-芽室 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100

22012
雪雲襲来

厚い雪雲が大地を飲み込んでゆく。
残された陽光は僅かに行く道を照らす。
根室本線 厚内-音別 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* E100

22005_20220326232501
最果ての道

細い細い道は東へと続く。
寂寥感も益々募ってゆく。
根室本線 厚岸-糸魚沢 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* E100

22005
落日

東の果ては落日も早い。
一瞬の輝きがいつまでも瞼に焼き付いていた。
根室本線 別当賀-落石 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*+2XE E100

Vol.1597

« 函館市電 電車いろいろ   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル レンズ編  220330  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 函館市電 電車いろいろ   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル レンズ編  220330  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31