« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

春の明治村 後編 名電1号  服部一人

_kzf3433

_kzf34922

愛知県の博物館明治村の京都市電は有名だが、現在はもうひとつ、よく似た古いトラムが保存されている。
こちらは名電1号と呼ばれた車両で、名鉄の全身、名古屋電気鉄道でかつて使われた電車だ。その後札幌市電に譲渡され22号となり、長く彼の地にあった。

 

名鉄の120周年、明治村開村50周年で札幌からレンタルされて展示されている。もう何年も前から展示されていたが期間限定の展示なので、いずれは札幌に戻るようだ。京都市電と比べるとひと回り小さい。側面の窓も名電1号が7枚、京都市電が9枚となっている。また運転席には窓ガラスがあるが、これは札幌に行ってから寒さ対策で取り付けられたものだ。1901年製造ということでゆうに100歳を超えている。

 

_kzf3488

_kzf3489

こちらはアメリカ・ブルックス製の尾西鉄道1号。長らく明治村に保存してある。すぐ横にハワイ移民集会所の建物があって、これと汽車が同じアメリカ同士ということで妙に雰囲気が合っているように感じる。

 

FUJI X-100F  XF23/2                                                           VOL.1608

 

2022年4月27日 (水)

LongDistance  〜〜〜 DE10スマイル君 春のお仕事「陽春磐越東西線号」〜〜〜  梅村貴子

少し前の日曜日にDE10が旧型客車3両を引く臨時団体列車「陽春磐越東西線号」が運転されました。
いわき発→郡山→会津若松→喜多方まで磐越東線と磐越西線を結んでの行程となります。

桜は満開、暑いくらいに気温が上がった1日で、列車お目当てやお花見目的のたくさんの人々が見守る中を、誇らしげに走っていました。

220427_010 午前中に郡山からいわきまで回送
大越ー菅谷220427_011神俣ー小野新町  (右下に神股駅・列車は左斜め上にいます、遠くてごめんなさい)


220427_006お客様を乗せていわきから戻ってきました    
川前ー夏井

220427_007夏井

220427_003磐越西線に入って…        
猪苗代ー翁島
22427_005ヒャッハーと走ってます

220427_013

会津若松からはプッシュプルで前後にDE10という豪華編成にこちらもヒャッハーです!
姥堂ー会津豊川
220427_009

お仕事終わって喜多方から郡山へ戻り中
塩川駅

JR東日本 磐越東線・磐越西線  「陽春磐越東西線号」
Sony α7R3・α7lll  / FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8M2 (トリミングあり) 
vol.1607

2022年4月24日 (日)

東海道新幹線ランドスケープ  220424  太和田光一郎

Pmd_2211kt_ Pmd_3413kt_

先日、大阪に出張が入り久しぶりの日帰りのランドスケープです。沿線はちょうど桜が満開で、米原付近でサンセットを迎えましたが、心が和む車窓風景を楽しめました。

① 2022.4.10  東海道新幹線 岐阜羽島-米原間

②                          京都-米原間

Nikon D5   70-200mm F4G    Vol.1606

2022年4月21日 (木)

やわらかな春-小湊鐵道①  深川俊一郎

甘い香りが漂う頃、足は房総の小さな鉄道へと向かいます。
寒かった冬を一瞬で忘れてしまう程のやわらかな春が、そこにはありました。

22015
甘い香り
甘い香りに微かに眠気を催した春の日。
小湊鐵道 里見-飯給 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T*+2XE RDPⅢ

22020
道端の春
道端の小さな駅に寄り道しながら、列車はのんびりとゆく。只見線の車両もすっかり小湊に馴染んでいる。
小湊鐵道 上総川間 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T* RDPⅢ

22015_20220420000801
黄色いアロマ
濃厚な黄色いアロマが、そっと鼻先を掠めていった。
小湊鐵道 高滝-里見 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1605

2022年4月18日 (月)

山形 霞城公園の桜   服部一人

B0002048

霞城公園 満開で気持ちいい日


B0002024
山形駅 左沢線のDC

 

鉄関係のブログやFacebook、そのほかSNSを見ていると、春はみなさん桜撮影で忙しそうです。おかげさまで日本中のいろんな桜と列車の美しい写真が見られて眼福です。

正直に言えば、若い時には桜を始め花全般にさして興味がありませんでした。でも近頃は春の訪れを楽しみにして、カメラを持ってウキウキと散歩撮影しています。まぁ、年をとったということでしょう。

先日山形の霞城公園に行く機会がありました。ここは霞城公園のお堀の脇をJRが走っていて桜撮影の名所みたいですね。何人も鉄を見かけました。

東北は桜が終わるといっきに新緑が目に眩しくなります。

B0002011
リゾートトレイン「こまどり」が停まってました。乗りたいなぁ。


B0002083
まとまらない写真ですみません。ここはいつかきちんと撮りたいところです。

Hasselblad 907X, CFVⅡ50C, XCD4/45mm   VOL.1604

 

2022年4月15日 (金)

LongDistance  *** 春 夕 駅 景 ***   梅村貴子

220415_001

___

220415_002

今年も当たり前のように春はやってきました。

当たり前なことをそうではなくしてしまう理不尽な出来事を多く目にするこの頃…。
春の花のような穏やかな世の中になりますように。

東京メトロ 霞ヶ関駅・JR東日本 JR東海 東京メトロ 東京駅
Sony Cyber-shot RX100 M7
vol.1603

2022年4月12日 (火)

TOKYO RAILWAY  220412  太和田光一郎

Pmd_1245k612_ Pmd_1334k_先日、小日向での仕事の帰り道、桜が咲く外濠公園に立ち寄りました。

抜けの良い青空を待っていたら散り始めてしまいましたが、老木ながら精一杯咲く桜の花から、今年もたくさんの元気をいただきました。

撮影:2022.4.5 JR中央線 市ヶ谷-飯田橋間

Nikon Z7Ⅱ  Z14-30mm・Z70-200mm

Pmd_1425k_

Vol.1602

 

2022年4月 9日 (土)

遥かなる旅愁-氷雪の舞台③  深川俊一郎

等圧線の間隔が極度に狭まり、低気圧が猛威を振るいます。
風雪は止むことなく北の大地をさらいます。

22014
埋もれたホーム

目の前のホームがとても遠くに見える。
今日も朝から運休だ。
根室本線 下金山 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* RDPⅢ

22014_20220408173801
来ない列車

雪が少し小降りになって来た。
それでも列車はやってこない。
根室本線 下金山-金山 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* RDPⅢ

22014_20220408173802
見えない線路

線路が跡形もなく隠れてしまった。
列車が来ないのは何とも心細い。
根室本線 金山 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 T* RDPⅢ

22014_20220408173803
鳴らない踏切

数メート先の踏切が霞んできた。
その日は吹雪が止むことはなかった。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T* RDPⅢ

Vol.1601

2022年4月 6日 (水)

春の明治村 前編   服部一人

_kzf3456

_kzf3439

_kzf3462

愛知県犬山市にある明治村。趣ある建築が点在する気持ちのいい野外博物館だが、鉄にとってのお目当ては何と言っても園内を走るSLとこの京都市電である。

この日は残念ながらSLは点検日で運休中だったが、そのため京都市電は1度乗車券を買うと何度でも乗車できるという特典がついていた。そんなわけで撮影を楽しみながら何度も乗車してのどかな春の風情を楽しんだ。

_kzf3478

_kzf3500

京都市電は森の中を走る区間や池のほとりを走る場所などがあって車窓の変化は楽しい

_kzf3495
_kzf3469
お馴染みのポール回しもつい真剣に見てしまう

FUJI X-100F,  FUJINON XF23/2                  VOL.1600

 

2022年4月 3日 (日)

LongDistance  ◻︎◻︎◻︎ Window Wind 冬なごりColors ◻︎◻︎◻︎ 梅村貴子

220403_001
___

220403_002

____

220403_003

_____
220403_004

JR北海道  根室本線  別当賀駅・宗谷本線  問寒別駅
Sony α7R3・α7lll  / FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8M2 
vol.1599  

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30