« 北へのいざない-二色塗りの小さな気動車②  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 E7W7 涼しい色拾い 〜〜〜   梅村貴子 »

2022年6月24日 (金)

お蔵入りリバイバル  220624  太和田光一郎

Pmd_0612kts_20220624124101 Pmd_0477kts Pmd_0495kts 先月、京都に出張の折に撮影した東海道新幹線の車窓風景です。上手くまとまらなかったので、すぐにお蔵にしまい込んだんですが、この時に取材した綾部市の秘境の写真と組めば何とかなりそうということで登場となりました。このシリーズでは珍しいローキー調です。

撮影:2022.5.14 東海道新幹線 岐阜羽島-米原間

今回、訪れたところは、京都府で最も小さな集落である「水源の里 古屋」。2世帯3人が住む日本有数のトチの木が群生する豊かな森と、清流が絶えず流れる自然豊かなところです。

山陰本線・小浜線からもかなり離れた場所ですが、また来てみたいと思わせる魅力に満ちた集落でした。

Pmd_0693kts  古屋に向かう途中で出会った小さなバス停。Pmd_0684ks_20220624124101 線路こそないが、今にもキハがやってきそう。(写真上・右)

Pmd_1088ks_20220624124101

古屋の奥にある山に分け入っていくと、トチの森に抱かれた小さな谷水の水源が現れる。今までに味わったことがない 雑味が皆無な美味しい湧き水だった・・・。(写真左)

2016年に京都丹波高原国定公園に指定された古屋。トチの森を象徴する、推定樹齢千年の巨大なトチの木(写真下) 

Nikon Z7Ⅱ  12-24mm F4・Z14-30mm F4・70-200mm F4G


Pmd_1082ks_20220624124701
撮影:2022.5.15

Vol.1626

« 北へのいざない-二色塗りの小さな気動車②  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 E7W7 涼しい色拾い 〜〜〜   梅村貴子 »

太和田光一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北へのいざない-二色塗りの小さな気動車②  深川俊一郎 | トップページ | LongDistance 〜〜〜 E7W7 涼しい色拾い 〜〜〜   梅村貴子 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31