« 弘南鉄道冬列車   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  230206  太和田光一郎 »

2023年2月 3日 (金)

北へのいざない-函館遠望  深川俊一郎

私にとって北の玄関口はいつだって函館です。
連絡船時代から青函トンネル開通、そして新幹線上陸へと時代が変わっても、北へのいざないは変わることがありません。

20003
港町遠望
途切れている何本もの線路を見ると、そこが終着駅であり、また始発駅であることを実感する。
何度も乗った摩周丸が、今にも出航するのではないかと錯覚してしまう。
函館本線 函館 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* RDPⅢ

23001
遥かな旅路
木古内を過ぎて最後のトンネルを抜けると、函館平野が一気に広がる。
新幹線が北海道に上陸したのを実感する時だ。
北海道新幹線 木古内-新函館北斗 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T*+2XE RDPⅢ

Vol.1706

« 弘南鉄道冬列車   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  230206  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弘南鉄道冬列車   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  230206  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30