« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月30日 (木)

LongDistance ○○○ 青空・みどり・雪模様  徒然にキハ183 回想記 ○○○   梅村貴子

当ブログ、先日の深川氏の記事にありましたように、キハ183系の定期運用が終了しました。
183系には様々な顔があり、形式に疎い私はどうしてこれとこれが同じ形式番号なんだろうと不思議に思うのですが、どの車両も好きだったことには違いなく…。中でも後期型は、あまり大袈裟でないスタイルと軽やかな走行感がお気に入りで、北海道撮影歴がそれほど長くない自分としては一番馴染みのある車両でした。183系の皆様、長い間お疲れ様でした。

230330_001
白滝ー上川

230330_002
呼人駅

230330_003
緋牛内ー端野

230330_004
白滝ー丸瀬布

青空のもと 緑の中 そして雪とともに

230330_005
緋牛内ー端野

230330_006
白滝ー上川

230330_007
瀬戸瀬ー遠軽

230330_008
愛別ー伊香牛


深川氏の記事から立て続けでキハ183登場となりまして恐縮です。
雑記帳的にこれまで撮影したカットを掲載させていただきました…。

230330_009遠軽の街を行く

なお、定期運用は終わりましたがこの後も少しの間、企画ラストランが行われるようです。

JR北海道 石北本線
Sony α7R3・α7lll / FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8M2 (トリミングあり)テレコン×2 
vol.1724       Thanks 326氏

2023年3月27日 (月)

見なれた街Ⅱ  230327  太和田光一郎

Pmd_7698k__20230720145701

先日、我家と京成本線の間にあった2階建てのアパートが解体されて、景色が一変。約40年ぶりにこの角度から見た京成が新鮮に目に映った・・・。

更地になったところをとりあえず撮影した写真だが、この後すぐに『売地』と大きく書かれた赤い看板が立ってしまい、列車はほとんど見えなくなってしまった・・・。(写真上)

我家の2階の窓からの眺め。僅かしか見えなかった列車がご覧の通り。(写真下)

Pmd_8052kt_

撮影:2023.3.11・20 京成本線 京成船橋-海神間

Nikon Z7Ⅱ   Z24-70mm F4・NFD100mm F2

Vol.1723



2023年3月24日 (金)

キハ183大地の彼方へ  深川俊一郎

国鉄時代末期から北の大地を駆け抜けたキハ183が、3月のダイヤ改正で定期運用を離脱しました。
キハ183といえば昭和56年に登場したスラントノーズの武骨な姿(2018年に引退)を思い浮かべますが、今回引退するのは昭和61年に登場したいわゆる後期型です。それまでの高運転台から貫通型となり、パノラミックウィンドウのスマートなフェイスが、わたくし的にはどこか往年のキハ82を少しだけ思い出させたのでした。
今回はそのキハ183の最後の姿と、同じ鉄路を40年前に走っていたキハ82を並べてご覧いただきます。

22023
冷たい春風
雪解けの激しい流れは冷たい春風の通り道だ。
登場時の復刻塗装が浅い春に映えていた。
石北本線 白滝-丸瀬布 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

8208_20230323202301
川風さわやか
強い夏の日差しを川風が癒してくれる。
網走から遥か函館に向かう特急「おおとり」の道中は、まだ序盤だ。
石北本線 旧白滝-下白滝 minolta XD MC W.ROKKOR 35mmF1.8 KM

23010
凍てる道
険しい雪山の奥から列車が駆け下りてきた。
雪雲が幾重にも連なって目まぐるしく通り過ぎていった。
石北本線 上川-白滝 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 150mmF4 T* RDPⅢ(+1)

7907_20230323202301
深緑の峠道
これほど深い緑に、真昼でも少し不安に駆られたものだ。
昔も今も難所の峠道。
石北本線 生田原-常紋 minolta XD MD TELE ROKKOR 200mmF4 KM

23011_20230323202201
白煙とともに
静かで穏やかな午後だった。
白煙がスローモーションのようにたなびいていた。
石北本線 安国-生田原 HASSELBLAD 500CM Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* RDPⅢ

Vol.1722

2023年3月21日 (火)

三岐鉄道北勢線に連接車を見に行く   服部一人

Dscf3918

Dscf3423

Dscf3970

先日出身地の名古屋に行く用事があった。用事を済ませた翌日は夜までに帰京すればよい。さて1日どこに遊びに行こうかと少し思案する。名古屋を中心とする東海地方は鉄道も見どころが多く、この日候補に上がったのは、愛知こどもの国のSL、養老鉄道、名古屋臨海鉄道などだが、結局可愛らしいナローの電車に誘われてここに決まった。

この200系電車は2013年に旧三重交通時代のツートン塗装になってからはや10年近くがたつのだが、古い物好きの私としては大変好ましい色で、ナローのローカル電車らしい風情が存分に感じられる。当ブログにも塗装変更後まもない2014年12月10日の記事でいちど出している。

当日は薄曇りながら暖かい1日でのんびりと沿線を歩きながら撮影した。宅地化も進んでいるが楚原以遠の有名なめがね橋などは昔とあまり雰囲気も変わらず、北勢線を訪ねると必ずここに来てしまう。

年に数回は名古屋を訪れるのだが、次回、季節を変えてまた遊びにこよう。


Dscf3927

Dscf3436

Dscf3327

FUJI-X-T2,T3, XF16-55/2.8, 70-300/4-5.6                          VOL.1721





2023年3月18日 (土)

LongDistance *** ラッセル LOVER 写筆帳 2023 「雪かき列車のいる風景」 ***  梅村貴子

桜開花のニュースも届く今頃に、冬景色のお届けで恐縮です。

豪快な雪かきシーンにも出会えましたが、皆様にお見せできるようなものには出来ず反省しきり…。
大人しめカットメインにて今年のラッセル景といたします。

230318_001
勇知ー兜沼

230318_002
天塩中川ー佐久

230318_003
南幌延ー雄信内

230318_004
音威子府ー咲来

230318_005
幌延ー南幌延

230318_006和寒ー剣淵

230318_007
中愛別ー愛山

ひと冬のお仕事、お疲れ様でした。
また来冬、会えますように…

JR北海道  宗谷本線・石北本線 
Sony α7R3・α7lll  / FE16-35mm F4・FE24-105mm F4・FE70-200mm F2.8M2 (トリミングあり) 
vol.1720       Thanks 326氏

2023年3月15日 (水)

お蔵入りリバイバル  230315  太和田光一郎

--- ローカル線の旅Ⅱ ---

Img026t_ Img030kt_

前回に引き続き、良き国鉄時代のモノクロ写真をご覧いただきたいと思います。今となっては、もう撮れないものばかりです。

①夜汽車に揺られて・・・。 

撮影:1989.1.6  JR仙山線 奥新川駅   Canon F-1  FD20-35mm F3.5L  TMY

②山間の小さな駅に列車が到着した・・・。束の間のにぎわい。

撮影:1993.2.12  JR飯山線 越後鹿渡駅  Nikon F4  18mm F3.5  TMY

③構内での撮影もすぐに応じていただけた良き時代・・・。 

撮影:1988.2.20   JR米坂線 米沢駅  Canon F-1  FD80-200mm F4L  TMY

Img027kt_

Vol.1719

           

2023年3月12日 (日)

遥かなる旅愁-酷寒模様②  深川俊一郎

3月6日、JR北海道が根室本線の富良野-新得間について、2024年3月31日限りの廃止を提示し、沿線自治体はこれを受け入れる方向であることが報道されました。
いよいよこの時が来たのかと、頭の中を空白が覆っています。
沿線の市民団体は存続を求めて道に署名を提出するなど、懸命に存続を訴えています。
私たちにできることはとても小さなことですが、このかけがえのない鉄道風景を、引き続き伝えていきたいと思います。

23007
酷寒模様

極限まで冷やされた濃密な湿度が行く手を阻む。
人を寄せ付けない見えない壁がそこにあった。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ

23011_20230311232601
白い獣道

小さな足跡に誘われるように雪を踏みしめた。
遅い朝陽がようやく凍える森を照らした。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ

23004
氷雪の小径

冷たくも繊細な化粧を纏った木々が迎えてくれた。
手足の凍りつく冷たさに反して、気持ちは少しだけ温かな朝だった。
根室本線 下金山-金山 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ(+1)

Vol.1718

2023年3月 9日 (木)

冬の楽しみ 津軽鉄道ストーブ列車   服部一人

Dscf2715

Dscf2745

Dscf2789

毎年雪の季節になると行ってみたくなるのが、かの有名な津軽鉄道のストーブ列車。厳しい寒さと雪の中で暮らしている現地の方には申し訳なく思いつつ、旅行者は勝手にロマンを抱いて北に向かう。

この日は五所川原を出発する時点で津軽特有の地吹雪が吹き付ける悪天候。けれど勝手な旅行者としては雰囲気が盛り上がるということもある。車内に入ってしまえば極楽至極、缶ビールとスルメで楽しい汽車旅。とにかくお金を落とすことが大切なのだと言い聞かせてお土産も買う。

僕が乗車したのは午後の列車だが8割がた席が埋まっている。聞けば午前中の列車は満席だったとか。津軽鉄道もコロナで非常に厳しい時期が続いていたけど、少しづつ観光が回復していて嬉しく思う。

また来年の冬もぜひ訪れよう!

Dscf2758

Dscf2849

Dscf2809

Dscf2884

FUJI X-T3, XF16-55/2.8                     VOL.1718

 

2023年3月 6日 (月)

LongDistance  ===  冬日好日 道東Sideview  ===  梅村貴子   

今日も良い日になりますように

230306_001

230306_002


230306_003

視界を横切る列車に心なごんで、おかげさまで良い日になりました! さむいけど!! 

JR北海道 根室本線・厚内ー音別 /  石北本線・緋牛内ー端野   

Sony α7R3・α7M3 / FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8 M2 
vol.1716

2023年3月 3日 (金)

お蔵入りリバイバル  230303  太和田光一郎

--- ローカル線の旅Ⅱ ---

19930211-93031-__20230304132301  19880219-8847-__20230302193701

月日が経つのは本当に早いものです。30年以上もの間、お蔵に保存していた写真ですが、正しく『昭和』の国鉄時代の懐かしの一コマです。

①以前、初めてこの地へ訪れた時は、視界が良すぎて狙っていた写真が撮れなかった・・・。そして4年後、同じ場所に立ち、やっと撮ることが出来た思い出の1枚。 

撮影:1993.2.11  JR飯山線 平滝駅  Nikon F4  50mm F1.4   TMY

②夜行バスに乗って、明け方、雪の米沢に降り立った。目指すは、豪雪地帯の小国駅。折しも5分遅れで普通列車が発車してゆく・・・。

撮影:1988.2.19  JR米坂線 小国駅  Canon F-1  FD80-200mm F4L  TMY

③深々と雪が降り続く・・・。 

撮影:1989.2.11  JR飯山線 越後鹿渡駅  Canon F-1  FD50mm F1.4  TMY

19890211-8922-__20230302195001

Vol.1715

           

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29