« 冬の楽しみ 津軽鉄道ストーブ列車   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル  230315  太和田光一郎 »

2023年3月12日 (日)

遥かなる旅愁-酷寒模様②  深川俊一郎

3月6日、JR北海道が根室本線の富良野-新得間について、2024年3月31日限りの廃止を提示し、沿線自治体はこれを受け入れる方向であることが報道されました。
いよいよこの時が来たのかと、頭の中を空白が覆っています。
沿線の市民団体は存続を求めて道に署名を提出するなど、懸命に存続を訴えています。
私たちにできることはとても小さなことですが、このかけがえのない鉄道風景を、引き続き伝えていきたいと思います。

23007
酷寒模様

極限まで冷やされた濃密な湿度が行く手を阻む。
人を寄せ付けない見えない壁がそこにあった。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ

23011_20230311232601
白い獣道

小さな足跡に誘われるように雪を踏みしめた。
遅い朝陽がようやく凍える森を照らした。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ

23004
氷雪の小径

冷たくも繊細な化粧を纏った木々が迎えてくれた。
手足の凍りつく冷たさに反して、気持ちは少しだけ温かな朝だった。
根室本線 下金山-金山 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ(+1)

Vol.1718

« 冬の楽しみ 津軽鉄道ストーブ列車   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル  230315  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の楽しみ 津軽鉄道ストーブ列車   服部一人 | トップページ | お蔵入りリバイバル  230315  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30