« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月30日 (金)

根室本線-大地の軌跡③  深川俊一郎

2016年の台風10号による空知川水害で、根室本線の東鹿越-新得が未だ不通になっていますが、どうやら再開通は叶わぬ夢となりそうです。
途中に幾寅・落合の二駅がありますが、幾寅は映画「鉄道員」の舞台となった幌舞駅として訪れる人も多く、知られた存在です。一方の落合は、狩勝峠の玄関口ですが、今や訪れる人も少なく、ひっそりと沈黙を保っていました。

23024_20230629204102

23024_20230629204101
置き去りの駅

錆ついた線路の向こうで駅名標がこちらを見ている気がした。
季節は無情にも淡々と過ぎ去ってゆく。
根室本線 落合 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1754

2023年6月27日 (火)

沼尻鉄道の跡を訪ねて   服部一人

B0003806b

B0003798b

沼尻

 

かつて会津磐梯山の麓を小さな軽便鉄道が走っていた。廃線になって何十年も経つが、いまだに根強いファンの多い沼尻鉄道である。僕自身も大ファンで、もちろん写真でしか現役時代のことを知らないのだが、さぞ美しい軽便の鉄道情景が広がっていただろうことは十分に想像できる。

最近その廃線跡を訪ねてみる旅に出た。このかつて存在した軽便鉄道に対する地元の愛着は今でも強いと思われるが、廃線跡には各駅があった場所に駅名標を模した案内板が立っている。今では線路跡の多くは道路になっていて、当時の面影をたどるのはむつかしいのだけど、しばし往時に思いを馳せて足跡を訪ねた。

家に帰って写真集を見て今日訪ねた道のりと昔の風景を頭の中で重ね合わせる。僕は鉄道模型はやらないのだけれど、もし将来模型を始めることがあったら、まっさきにジオラマを作ってみたいのが、この沼尻鉄道である。

B0003814b
木地小屋


B0003877b
酸川野


B0003822b
名家


B0003868b

会津樋之口

B0003872b

白木城

_kzf9190

始発駅川桁を出発してすぐに小さな川を渡る鉄橋。今も鉄橋は残っていて、春には川沿いに見事な桜が咲く

_dsf0533

磐越西線猪苗代駅の近くにある緑の村には沼尻鉄道の車両が保存されている

HASSELBLAD   CFVⅡ50C 45/4  FUJI X-T3,FUJINON XF 16-55/2.8  VOL.1753

2023年6月24日 (土)

LongDistance 〜〜〜  Window Wind 2023  〜〜〜 梅村貴子

230624_001

____

230624_002

___

230624_003

____

230624_004

新幹線に乗ると 相変わらずに窓の写り込み拾いを楽しんでいます。

*****

そういえば…、少し遅い話で恐縮です(もちろんご周知の方もいらっしゃると思いますが)、「新幹線オフィス車両」という名前だったお仕事用車両(座席はフリーで自由席券で利用可、また、指定席券を持つ人がその車両に移動するのも可)が3月から「TRAIN DESK」と名を変えて、指定席券を必要とする車両にリニューアルされました。少し前までは乗客数が少なめだったこともあり、1両をフリー車両としても差し支えなかったのかもしれませんが、旅行者や移動のビジネスマンがどんどん増えている現在、このシステムは良いことだなと思います。使用目的は仕事、勉強が主ですが、食事や休息も可となっています。ということで最近はこの車両を利用させてもらっていますが、周りでキータッチの音がカタカタ、スマホの呼び出し音がしていてもそれを承知の上での乗車ですから気になることはありません。ビジネスマンの皆さん、お疲れ様です!! さて、窓の撮影は仕事としてよいものなのか…(^^;、もちろん、シャッター音は完全無音にしてますのでどうぞお許しください、ミラーレスはこういう時にありがたいです。

JR東日本 北陸新幹線 E7 or W7(の窓)
Sony α7R3 / FE24-105mm F4・Sony Cyber-shot  RX100 M7
vol.1752  

2023年6月21日 (水)

見なれた街Ⅱ  230621  太和田光一郎

Pmd_0505k_

梅雨の晴れ間、真夏を思わせる青空に綿菓子のような雲が爽やかです。

Pmd_0574kt_

撮影:2023.6.16 京成本線 京成船橋-海神間

Nikon Z8    Z14-30mm F4

Vol.1751

2023年6月18日 (日)

根室本線-大地の軌跡②  深川俊一郎

北国の春は、堰を切ったように一気に進みます。
僅か1週間前の雪が嘘のように、花盛りを迎えました。

23021

23021_20230617185003

23021_20230617185001
花見日和

汗ばむ陽射しに心が弾む。
満開の桜をかすめて去ってゆく列車を忘れることはないだろう。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1750

2023年6月15日 (木)

伊予鉄道松山市内線   服部一人

_mg_0510

_mg_0494

_mg_0529

先回の記事の続きです。市内線の北半分、上一万から古町にかけては専用軌道部分が多く、住宅街の中を単線の線路が通っていい風情です。松山市内線は大半が今どきの新型低床トラムに置き換わっているが、それでも旧型の電車もまだまだ健在です。

今回の撮影では実は動画が主体で写真はその合間に撮ったものです。帰宅して簡単な編集を済ませて、いざ大きな画面で眺めていると釣りかけ駆動の旧型電車のモーター音は実にいい音でしびれます。撮ってよし、乗ってよし、音もまたよし ということで三拍子揃ってありがたいことです。


_mg_0636

_mg_0616

SONY α7Ⅳ, 24-105/4, Canon EOS R5 RF24-105/4               VOL.1749

2023年6月12日 (月)

ブログ開設11周年記念  LongDistance 〜〜〜 RIDE ON TIME ! 奥出雲おろち号 〜〜〜  梅村貴子

おかげさまでこのブログも11周年を迎えることができました、ご覧頂いている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです、本当にありがとうございます。
11周年の記事としまして、木次線「奥出雲おろち号」乗車の際のカットを載せようと思います。5月6日の記事では外から撮影した走行カットを載せましたが、その訪問時には運よく乗車券が購入できていて、追いかけをした日とは別の丸一日を乗客として過ごすことができました、ありがたいことです。
そして前記事にも書きましたがこのおろち号は今年の11月に運行を終了します。このブログを始めてから11年、その間にはたくさんの路線、駅、車両が姿を消していきました。これまで頑張ってきてくれた車両などがみられなくなるのはやはり淋しいことで…「車両の老朽化」というフレーズが、ガッタガタの体とほえほえ〜の頭になった自分と重なるところはありますが、動けるうちには動く!、撮れるうちは撮る!!、そう言い聞かせて、もう少しの間ガンバっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

230612_001  

____

230612_002

 

230612_003

爽やかな緑の風を受けて

230612_004

_____

230612_005

すれ違う車両に「Colors撮影」を楽しみ

230612_006

_____

230612_007 

やっぱりスマイル君(DL)はかわいい!とニマニマし

 230612_008

_____

230612_009
_____

230612_010

____

230612_011

残り少ない運行のご無事を祈りながら、お疲れ様とありがとうを!

230612_012

JR西日本 木次線  奥出雲おろち号
Sony α7R3・α7lll / FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8M2 (トリミングあり)

vol.1748  

2023年6月 9日 (金)

ブログ開設11周年記念 リバイバル 東海道新幹線ランドスケープ  太和田光一郎

皆さま、いつもご覧いただきありがとうございます。月日の経つのは本当に早いもので、毎回、締め切りに追われながらの11年間でした。

さて、昨年、終了した東海道新幹線ランドスケープのシリーズは、足掛け10年間に及ぶ撮影期間でしたが、その間、発表の機会を逃しストックされたままの写真も少なくありません。

今回ご紹介する写真も、『看板』というテーマ別のフォルダの中に、チョイスしてあった写真を組み上げたものですが、車窓から見える企業看板は無数にあり、撮り始めると飽きることがありませんでした。

今後も時をみて旧作のリバイバルをしていきたいと思いますので、よろしくお付き合いの程、お願いいたします。

Pmd_2296kt_ Pmd_7554kt_ Pmd_2129k_ Pmd_7500k_ Pmd_7463kt_ Pmd_6979kt_ Pmd_0268kt_ Pmd_2109kt_ Pmd_5228kt_ Pmd_9086kt_

① 2022.4.10    東海道新幹線 米原-京都間

② 2019.6.3          〃       名古屋-三河安城間

③ 2018.5.5        〃        東京-品川間

④ 2018.10.20        〃           浜松-豊橋間

⑤                       〃           掛川-浜松間  

⑥ 2019.9.8          〃           京都-米原間

⑦ 2022.5.14        〃      掛川-浜松間     

⑧ 2018.8.13        〃        京都-米原間

⑨ 2017.9.9        〃                  

⑩ 2020.1.10        〃            豊橋-浜松間

⑪ 2017.1.5            〃           名古屋駅

Nikon D5   Z7Ⅱ  24-70mm F2.8・70-200mm F4・Z70-200mm F2.8

Pmd_4432kt_
Vol.1747

2023年6月 6日 (火)

ブログ開設11周年記念 根室本線-大地の軌跡①  深川俊一郎

いつもご覧いただき、ありがとうございます。周年記事を書いていると、年々時がたつのが早く感じられるようになります。毎年何かしらの節目やマイブームにかこつけてテーマにしてきましたが、私にとって今は何といっても根室本線です。
根室本線の滝川~新得(東鹿越~新得は現在もバス代行)間は、JR北海道が3月31日、国土交通大臣に対し鉄道事業廃止届を提出し、事実上廃止が確定したことになります。
既にこの春から「次の季節はない」ということです。少し先の話になりますが、廃止前の2024年3月に写真展を開催する予定で、そのタイトルから「根室本線-大地の軌跡」として今年の周年記事をご覧いただきます。

23024
春の使者

雪解けの眠たげな森を最初に彩るのは、やはりフキノトウだ。
木々の隙間から差し込む光を逃さずに、見る見る伸びてゆく。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

23020
冷たい春風

遥か向こうの山から冷たい春風が下りてきた。
ホームと駅舎の間には、季節の余韻がゆっくりと漂っている。
根室本線 布部 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

23022
桜前線北へ

北上する桜前線を無性に追いかけたくなる。
エゾヤマザクラは一気に咲いて清しい春を謳歌する。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

23020_20230603205101
待ちわびた春

松と桜の共演が、静かな駅前を沸かせている。
時は一息つきながら、ゆっくりと流れてゆく。
根室本線 布部 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

23024_20230603205201
芳春

微かな甘い香りに午後の眠気が催してくる。
列車の音が森に吸い込まれると、耳元にマルハナバチの羽音が聞こえてきた。
根室本線 金山-東鹿越 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 RDPⅢ

23022_20230603205101
西日の駅

早くも山の端に西日が隠れようとしている。
帰り道は風が少し冷たくなってきた。
根室本線 下金山 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar CF 350mmF5.6 T* RDPⅢ

23023
月夜道

早い月の出が、春の宵を煌々と照らす。
遠くで踏切が寂しげに光っていた。
根室本線 布部-山部 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1746

2023年6月 3日 (土)

ブログ開設11周年記念 伊予鉄道 道後温泉駅   服部一人

Dsc03959b

_mg_0567

_mg_0532

皆さん、こんにちは。当ブログもこの6月で11周年を迎えました。いつもご覧くださっている皆さま方に深く感謝いたします。日々の仕事に追われ、またコロナでなかなか出かけることもままならずにこの数年が過ぎました。大したことない写真でブログを飾ることも多く情けないことだと自覚しています。

周年記念の記事なのに今回も特別なことは何もなく、申し訳ない限りですが最近出かけた先でのトラムです。以前から繰り返し言っていることですが、僕は「蒸気機関車」と「ローカル線」「トラム」の三つが何より好きです。この夏休みには久しぶりにこの三つがすべて揃うところに撮影旅行に出かけようと画策中です。

今回はありふれた記事で申し訳ありませんが、いずれ夏の終わり頃には久しぶりに遠征した写真をお見せします。

 

松山は3年前にも訪れているのだが、その際には道後温泉には行かなかった。あのレトロ風な駅舎が見たくて久しぶりに訪れた。コロナもとりあえず少しおさまって温泉客もたくさん歩いていた。ちょうど夕暮れ時、温泉街の駅はしっとりとした風情がある。

前回ここに来た時には釣り掛けの旧型車が大半だったような気がするので、いったいいつ頃だったのだろう。フィルムで撮っているのでけっこう昔の話だ。懐かしい駅舎のホームを今どきの低床車両は静かにスムーズに出発していく。


_mg_0546

20230603-103539

SONY α7Ⅳ,  24-105/4,    Canon EOS R5  RF24-105/4        VOL.1745

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31