« 沼尻鉄道の跡を訪ねて   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  230703  太和田光一郎 »

2023年6月30日 (金)

根室本線-大地の軌跡③  深川俊一郎

2016年の台風10号による空知川水害で、根室本線の東鹿越-新得が未だ不通になっていますが、どうやら再開通は叶わぬ夢となりそうです。
途中に幾寅・落合の二駅がありますが、幾寅は映画「鉄道員」の舞台となった幌舞駅として訪れる人も多く、知られた存在です。一方の落合は、狩勝峠の玄関口ですが、今や訪れる人も少なく、ひっそりと沈黙を保っていました。

23024_20230629204102

23024_20230629204101
置き去りの駅

錆ついた線路の向こうで駅名標がこちらを見ている気がした。
季節は無情にも淡々と過ぎ去ってゆく。
根室本線 落合 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ

Vol.1754

« 沼尻鉄道の跡を訪ねて   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  230703  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沼尻鉄道の跡を訪ねて   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  230703  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30