« LongDistance 〜〜〜  Window Wind 2023  〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 根室本線-大地の軌跡③  深川俊一郎 »

2023年6月27日 (火)

沼尻鉄道の跡を訪ねて   服部一人

B0003806b

B0003798b

沼尻

 

かつて会津磐梯山の麓を小さな軽便鉄道が走っていた。廃線になって何十年も経つが、いまだに根強いファンの多い沼尻鉄道である。僕自身も大ファンで、もちろん写真でしか現役時代のことを知らないのだが、さぞ美しい軽便の鉄道情景が広がっていただろうことは十分に想像できる。

最近その廃線跡を訪ねてみる旅に出た。このかつて存在した軽便鉄道に対する地元の愛着は今でも強いと思われるが、廃線跡には各駅があった場所に駅名標を模した案内板が立っている。今では線路跡の多くは道路になっていて、当時の面影をたどるのはむつかしいのだけど、しばし往時に思いを馳せて足跡を訪ねた。

家に帰って写真集を見て今日訪ねた道のりと昔の風景を頭の中で重ね合わせる。僕は鉄道模型はやらないのだけれど、もし将来模型を始めることがあったら、まっさきにジオラマを作ってみたいのが、この沼尻鉄道である。

B0003814b
木地小屋


B0003877b
酸川野


B0003822b
名家


B0003868b

会津樋之口

B0003872b

白木城

_kzf9190

始発駅川桁を出発してすぐに小さな川を渡る鉄橋。今も鉄橋は残っていて、春には川沿いに見事な桜が咲く

_dsf0533

磐越西線猪苗代駅の近くにある緑の村には沼尻鉄道の車両が保存されている

HASSELBLAD   CFVⅡ50C 45/4  FUJI X-T3,FUJINON XF 16-55/2.8  VOL.1753

« LongDistance 〜〜〜  Window Wind 2023  〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 根室本線-大地の軌跡③  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance 〜〜〜  Window Wind 2023  〜〜〜 梅村貴子 | トップページ | 根室本線-大地の軌跡③  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30