« LongDistance 〜〜〜 都バスでGO! メトロサインのある風景 〜〜〜  梅村貴子 | トップページ | 路面電車紀行-秋涼の函館市電2023①  深川俊一郎 »

2023年11月 9日 (木)

長野電鉄須坂駅のたたずまい   服部一人

Dscf5337

Dscf5366

Dscf5405

Dscf5342

長野電鉄を訪問すると必ず須坂駅に立ち寄る。かつての屋代線の分岐駅であり、複数のホームと側線が何本か、さらにホームの両端に車庫があって地方ローカル私鉄の主要駅の風情が色濃く残っている。この先湯田中方面の普通列車はここで乗り換えることも多く、ホームにも乗客の姿はそこそこある。

先に廃車となった3500系電車も片隅に留置されていたが、荒廃した様子はなくパンタグラフは下ろしているもののすぐにでも走り出してこのまま運用につきそうな雰囲気だった。まだ夏の日差しにステンレスボディの波板が鈍く光って独特の質感を感じた。

Dscf5377

Dscf5353


FUJI X-T3, FUJINON XF 16-55/2.8, XF70-300/4-5.6           VOL.1797

« LongDistance 〜〜〜 都バスでGO! メトロサインのある風景 〜〜〜  梅村貴子 | トップページ | 路面電車紀行-秋涼の函館市電2023①  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance 〜〜〜 都バスでGO! メトロサインのある風景 〜〜〜  梅村貴子 | トップページ | 路面電車紀行-秋涼の函館市電2023①  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30