« 雪のない只見線   服部一人 | トップページ | 昭和の匂いが残る街  240203  太和田光一郎 »

2024年1月30日 (火)

北へのいざない-沈黙の駅  深川俊一郎

さいはての駅に初めて降り立ったのは、今から45年も前のことでした。(もちろんその時は有人駅でした)
何もありませんが、そこだけ満たされた時間が溢れていたのをよく覚えています。

230101

230102

230103
沈黙の駅

その駅は変わらずにそこにあった。
次の列車がいつやって来るかも分からないのに、駅があるだけでホッとするのは何故だろうか。
宗谷本線 抜海 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 RDPⅢ(+1)

Vol.1831

« 雪のない只見線   服部一人 | トップページ | 昭和の匂いが残る街  240203  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪のない只見線   服部一人 | トップページ | 昭和の匂いが残る街  240203  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30