« 阪堺電車 モ161競演   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  240215  太和田光一郎 »

2024年2月12日 (月)

路面電車紀行-少雪の函館市電2024  深川俊一郎

暖冬と予報されたとおり、雪が少なく乾いた路面が続く函館の街でした。
金太郎塗りの非広告車輛812号に出会いました。530号ほど古くないですが、なかなかいいものです。

240011
遅い朝①
引きずる眠気を、せわしない朝が追いかけてくる。
函館市電 杉並町 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T* E100(+1)

24001
暖かな窓辺
オイルの匂いが漂う車内は、いつまでもウトウトしながら乗っていたくなる。
函館市電 車内 HASSELBLAD 500CM Distagon CF 50mmF4 E100(+1)

240012
遅い朝②
電停の時計は既に9時を過ぎていたが、なかなか朝陽が届かない。
函館市電 十字街 HASSELBLAD 500CM Sonnar C 250mmF5.6 T* E100(+1)

Vol.1835

« 阪堺電車 モ161競演   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  240215  太和田光一郎 »

深川俊一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪堺電車 モ161競演   服部一人 | トップページ | 見なれた街Ⅱ  240215  太和田光一郎 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30